注文住宅の相場の調べ方は?家を購入する前に抑えておこう

注文住宅を購入するときは、いくらぐらいが相場でしょうか。土地があって家だけ購入する場合と両方購入する場合でも違ってきます。ここでは、妥当と思われる目安の出し方や相場を知る方法を解説します。家を購入する前におさえておきましょう。

 

トピックス一覧

注文住宅で家を購入する場合には、間取りや広さによって相場は変わります。木造なのか鉄骨なのか、またはRC造りかでも違います。実際の金額を知るには見積りを取るのが確実ですが、ハウスメーカーによってはカタログに基本的な価格を提示しているところも見られます。見積りを取らずにハウスメーカーや施工会社に関係なくおおよその相場を知るには、建売住宅の販売価格からそこの地価を算出し、引くことで参考にすることも可能です。ネット上でも注文住宅の相場についてはいろいろ書かれているところはあります。しかし、注文住宅の場合は住む人によってさまざまなこだわりがあり、まったく同じものは存在しません。実際には相場よりもずっと安く抑えることはできますし、逆に上回ることもあります。いくつかの方法で参考の相場を出したら、どこの施工会社またはハウスメーカーに発注するのが良いか考えましょう。予算を抑えることは大切ですが、自分が出せる範囲内でどれくらい住みやすい環境を手に入れられるかが注文住宅の本来の魅力であることを忘れてはいけません。

 

家と土地を一緒に購入する方法のひとつに建売住宅が挙げられますが、注文住宅で建てる場合でも土地も一緒に購入できるケースはたくさんあります。地価は交通など生活の利便性や地域に応じて価格に差がみられますし、時期によっても変動が出ます。土地の相場は、不動産会社が出している情報誌やチラシ、そして土地の売買サイトなどを見て把握することは可能ですし、国土交通省のサイトでも全国の地価情報が公表されているので、そちらも合わせて参考にしましょう。家を建てるときに土地から探してくれるハウスメーカーも多く、土地の売買から行っているところもあります。注文住宅を発注するときには土地について確認されるのが一般的なので、そのときに相談してみましょう。別々の業者を利用するよりも手間が省けますし、予算に合わない場合は交渉しやすいのもポイントです。あらかじめ調べておいた相場と比較すれば妥当性がわかります。また、土地の分譲で「建築条件付き」というのを見たことはないでしょうか。これは一般的に、土地を購入した後に家を建てるハウスメーカーが決められているということを指します。「建築条件付き」は利便性の高い場所が多く相場より若干高い場合も少なくはありません。ハウスメーカーなど自分が求める条件に合うかどうかを含めて判断しましょう。

 

相場を知ることは適正価格で家を購入するために必要なことです。しかし、相場はあくまで参考にし、注文住宅で家を建てるという本来の目的のほうを大切にしましょう。家は住む人のこだわりが出るものです。コストを気にするのは重要ですが、そこだけに目を向けていては、間取りが小さくなったり設備のグレードを大幅に下げることになったりと、希望する住まいとは程遠いものになる可能性もあります。まずは自分の暮らしに合った立地を考え、次に自分が求めている家を形にしてくれるかどうかで施工会社やハウスメーカーを決めましょう。家に対する思い入れを汲んでくれるかどうか、希望の間取りを得意としているかどうかなど、何を基準にするかで選ぶのがポイントです。トータルの予算やローンの返済をどうするかなども考慮し、無理のない範囲での理想の家づくりをしましょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ