• TOPICS 01

    若年層・子育て世代にも人気!

    今、“平屋”の需要が高まっています

    国土交通省の建設着工統計によると、居住専用住宅の着工棟数に占める平屋の割合は20年度に10年度比約1.8倍の11.2%に拡大しています。
    平屋は「昔ながらの家」というイメージがあり、これまでは主に中高年層に人気でしたが、最近では子育て世代やおしゃれに敏感な若い夫婦など、若年層からも平屋住宅の需要が高まっています。

    (国土交通省 建設着工統計調査を基に作成)
  • TOPICS 02

    あれっ?コンパクトでも部屋数とれるかも?

    平屋ならスペースを
    無駄なく有効活用できる!

    2階建ての場合、階段や2階のトイレなどが必要ですが、平屋だと、それらのスペースをすべて居住空間に充てられるため、無駄が無く必要最低限のスペースで十分な部屋数を確保する事も可能です。床面積を有効活用することで、その分の建築費用も抑えることができます。

ホームページ特典

ご来場いただき、アンケートにご記入いただいた方に

見学予約で2,000円分の
QUOカードをプレゼント!

平屋の魅力

  • POINT 01

    ユニバーサル
    ホームなら

    家中まるごと
    床暖房に!

    ヒミツはユニバーサルホーム独自の「地熱床暖房」

    ユニバーサルホームの最大の特長である基礎工法「地熱床システム」に床暖房を組み合わせたものが「地熱床暖房」です。床材に直接発熱体を施工する一般的な床暖房と異なり、基礎からじんわりと熱が伝わるため熱くなりすぎず、また一階全面床暖房なので、家中が心地よい暖かさに包まれます。※一階全面には玄関土間、及び浴室は含まれません。

  • POINT 02

    おしゃれな
    無垢フロアだから

    内装
    インテリア
    楽しめる!

    ユニバーサルホームは、無垢フロアと床暖房を組み合わせることができます

    温度変化に極端に弱い「無垢材」は、直接床をあたためる一般的な床暖房との相性が悪く、床暖房と無垢材の組み合わせはタブーとされてきました。
    この問題を解消したのがユニバーサルホームの床暖房。基礎からじんわりあたためる工法と、独自に開発したオリジナル無垢フロアにより、「床暖房×無垢材」の理想的な組み合わせを実現しました。
    フロア材を無垢床にすることで、内装やインテリアを選ぶ時にも統一感が出せるので、無垢材のやさしい素材感を活かしたお気に入りの住まいづくりを楽しめます。

  • POINT 03

    ワンフロアで

    効率的な
    動線を実現!

    家事がラクになる動線で「名前のない家事」を解決

    平屋の特徴であるリビング、キッチン、寝室、水回りなど、シンプルでコンパクトな動線になっていることで、いつも家族の距離感がちょうど良く、コミュニケーションが取りやすい設計になっています。

  • POINT 04

    ワンフロア
    だから

    階段の
    昇り降りから
    解放される!

    すべての部屋と設備にフラットアプローチ

    平屋住宅には、階段がないことも大きな魅力。洗濯や掃除の昇り降りの手間も労力も省ける、家事負担の少ない楽チン設計です。小さなお子様のいるご家庭では、階段から転落するリスクもなく、家事をしている間も目が届くので安心です。

  • POINT 05

    イマドキの
    平屋は

    α空間
    おしゃれ!

    スキップフロアや小上がり和室で誰もがあこがれる平屋住宅を建てる

    平屋住宅は、上層階がない分、天井を高くすることが可能で、部屋空間をタテ方向に広げることで、さらにゆとり感をプラスできます。
    天井の高くなった部分をライフスタイルに合わせてスキップフロア、小上がり和室などにカスタマイズでき、新たな暮らしの空間を生み出します。

    ※小屋裏収納・床下収納は居室利用できません。天井高さ1.4M(最大)。建築地域の行政判断により2階建てになる場合がございます。

ホームページ特典

ご来場いただき、アンケートにご記入いただいた方に

見学予約で2,000円分の
QUOカードをプレゼント!

「間取り」例

  • SCENE 01

    小上がり和室はお子様の遊び場や、ゲストルーム利用にも

    部屋空間をタテ方向に広げることで、平屋にゆとりをプラスします。リビングからつながる小上がり畳コーナーは、小さなお子様の遊び場やお昼寝に。来客時にはゲストルームにもなります。上部に設けた小屋裏収納が、季節のものをしまうのに便利です。

    延床面積:87㎡(26.32坪)
    間取り:3LDK

  • SCENE 02

    ゆとりある空間で夫婦のプライベート空間を確保

    寝室は、ゆとりある空間を緩やかに分ける事で夫婦それぞれのスペースを設けました。将来的には壁や仕切りで子ども部屋として独立空間にすることも。マルチスペースは趣味やテレワークに利用するなど、より自分たちらしく生活するためのスペースです。和室は普段は引き戸を開けてリビングの延長として、来客時には宿泊スペースとしてマルチに使える空間です。

    延床面積:92.5㎡(27.98坪)
    間取り:3LDK

  • SCENE 03

    土間空間とリビング横に大量の収納スペースを確保

    部屋空間をタテ方向に広げることで、平屋にゆとりをプラスします。玄関からつながる土間空間にはアウトドア用品など大きなものを、リビング側からはストック品などを収納でき、リビングを広々と使えます。収納の上には子どもの遊び場にもなる居住空間を設けました。

    延床面積:88㎡(26.62坪)
    間取り:2LDK

※小屋裏収納・床下収納は居室利用できません。天井高さ1.4M(最大)。建築地域の行政判断により2階建てになる場合がございます。

他にもユニバーサルホームのノウハウが詰まった、様々な間取りをご覧いただけます

間取りシミュレーション

ホームページ特典

ご来場いただき、アンケートにご記入いただいた方に

見学予約で2,000円分の
QUOカードをプレゼント!

施工事例

LIFE STYLE ライフスタイル提案