ひとつ屋根の下、
ふたつのくらし

ふたつの家族が一緒にくらすのは、
かんたんではないかもしれません。
しかし、二世帯の課題を
合理的かつ積極的に解決するのが
ユニバーサルホームの二世帯住宅。
ふたつの世帯を素敵な関係にしたい、
そんなライフスタイルを思い描く
ご家族にお勧めです。

2HOUSEHOLDS 二世帯で安心なくらし

二世帯住宅の考え方

二世帯住宅といっても、さまざまな世帯間の関係があります。
家族構成によっても、息子夫婦か娘夫婦かによっても、まったく異なってきます。
まずは親と子の世帯の距離感を考えることからはじめましょう。

1 いつも一緒がうれしい
「共用タイプ」

機能的空間はほとんど共有。料理・食事・くつろぎなど、一緒の空間にすることで、お互いがふれあいながら過ごせるタイプです。3世代がひとつの大きな家族として、ひとつの大きな空間でくらすイメージです。

・家事や子育ての協力がスムーズ

・祖父母から孫へしきたりや文化を
伝えやすい

・にぎやかな毎日でみんな
楽しくなる

・世帯ごとの設備が不要なので建築コスト等を抑えられる

・プライバシーが保ちにくい

・家事の優先順位や使い方のルールなどきちんと話し合わないとトラブルの元にも

2 とにかくいいとこ取り
「融合分離タイプ」

ある一定のスペースを共用に。日常の生活はほぼ独立しながらも、一緒に使える場所もあって効率的。お互いの気配を感じながら過ごせるタイプ。住まいの一部を共用しつつ、各家族の独立性も確保できます。

・適度な距離を保ちながら、
同居ならではの便利さや
安心も確保できる

・将来のライフスタイルにも柔軟に対応できることで住み継ぐ住まいに

・共有部分の使い方のルールなどはきちんと話し合う必要あり

3 うちは全部べつべつ
「分離タイプ」

玄関や水回りなど空間を全部分ける「分離タイプ」。日常のくらしをすべて分ける形です。独立したくらしの中で、お互いの存在を感じ、安心して気兼ねせず過ごすことのできる、それぞれの生活を尊重したタイプです。

・プライバシーの確保が容易

・必要なときにはすぐ会えるので
安心

・二世帯分の設備等が必要なので建築コスト等はかさむ

・二世帯なのに疎遠になってしまう事態が起こることも

3世代が集う

親夫婦・子夫婦・孫が同居する住まいでは、いつもどこかで家族の団らんが生まれています。

共働きや、買い物に出かけるときでも、親世帯が孫の面倒を見てくれるから安心です。

頼り、頼られ、堅い家族のきずなが生まれます

いつも家に誰かがいるのは、子世帯もほっとでき、孫も安心を感じて育つことができます。

親も人生に張り合いができ、子どもも親からいろいろなことを学ぶことができます。

2世帯だからくつろぐ時間も気分で変えられる

たくさんの陽射しが降り注ぐバルコニーは、セカンドリビングに。

趣味に没頭したり、友人を招いたり、使い勝手の良い和室はなにかと重宝します。

RELATED PRODUCTS 関連商品