家族の成長に
変化できるくらし

成長とともに変化する
空間の活用方法

家は、何十年と住まいつづけるものです。家族の成長とともに、使い方は変化していきます。たとえば「子ども部屋」。幼少期は広い部屋で兄弟・姉妹一緒に。プライベートな空間を求めるようになったら、部屋を区切って個室を用意。子どもが全員巣立ったら、夫婦の趣味の部屋に――。
家族の成長とともに変化できる空間があると、とってもくらしやすくなるのです。

CHANGEABLE “DOMA” 変化する土間

日本家屋の伝統的な空間である土間。床を張らず、地面と同じ高さでつながった土間には、「家の中には持ち込みたくないけれども、外でやるのはためらってしまう」ことを実現できるというメリットがあります。たとえば自転車をいじる、ガーデニングを楽しむ、靴を磨く、スキー・スノーボードの板をメンテナンスするなど。気候に左右されず、夏は涼しく冬は暖かい家の土間が、あなたの“実はやりたかった!”を叶えます。

1日の中で変わる使い方

朝はお父さん大活躍のDIY

Morning.

朝はお父さん大活躍のDIY

お昼はヨガでリラックス

Afternoon.

お昼はヨガでリラックス

夜は室内キャンプを楽しもう

Night.

夜は室内キャンプを楽しもう

長い時間の中で変わる使い方

子どもが小さなうちは開放的な遊び場に

Soon.

子どもが小さなうちは開放的な遊び場に

ネイルサロンを始めるかも

10 years later.

ネイルサロンを始めるかも

夫婦の趣味が陶芸になるかも

30 years later.

夫婦の趣味が陶芸になるかも

CHANGEABLE “+α FLOOR” 変化するプラスアルファ空間

モノがあふれがちな子育て世代にピッタリな、「プラスアルファ空間」。天井がちょっと低い「小屋裏収納」や「階段下」の空間を有効活用すれば、他の空間を広くとりながら大容量の収納を設けられます。お子さまが小さい頃は遊び場としても使える、フレキシブルな空間です。

長い時間の中で変わる使い方

秘密基地のような子どもの遊び場

Soon.

秘密基地のような子どもの遊び場

もちろん収納としても使えます

10 years later.

もちろん収納としても使えます

シアタールームにもぴったり

30 years later.

シアタールームにもぴったり

SKIP FLOOR 変化するスキップフロア

部屋と部屋を壁ではなく立体的に区切ることで、連続したひとつの空間のように見せることができるスキップフロア。視覚的に広く見えるフロア下のスペースは、収納に使えるといったメリットがあります。ゆるやかに繋がりをもたせた空間は、家族で使える学習・作業スペースに最適です。

長い時間の中で変わる使い方

親子で学べる学習スペース

Soon.

親子で学べる学習スペース

ファミリーライブラリー

10 years later.

ファミリーライブラリー

あこがれの書斎にも

30 years later.

あこがれの書斎にも

無垢床 変化するのは間取りだけではありません。家族の成長とともに「美化する」床。

無垢ならではの「経年美化」

年月が経過すればするほど深い色味となり、落ち着いた雰囲気に変化していく無垢床。経年を価値とする考えは正にヴィンテージ。家族と共に過ごした時間の経過と、傷が味となるのは無垢ならではの特長です。

ユニバーサルホームオリジナルの無垢フロア材は、自然オイル塗装仕上げ。木の表面を覆うウレタン塗装と異なり、木が呼吸できるため調湿性があり、木目を感じるサラッとした肌触りで馴染みやすく、素足で歩いて心地よい床面となります。

ユニバーサルホームだからできた「床暖房×無垢床」

自然界にある木材は、どんなに暑くても50℃以上の熱が加えられることはありません。木材を貼り合わせて人工的に強度を増した集成材と異なり、無垢材は熱に弱く、それ以上の熱が加わると反りや割れ、ひびといった問題が発生します。一般的に、温水式床暖房は70℃程度の温水を流すため、床暖房と無垢床の組み合わせはタブーとされてきました。

ユニバーサルホームの「地熱床暖房」では、温水の温度は最高でも50℃。温水の暖かさは基礎の内部に蓄熱され、床の表面温度は約30℃に保たれます。一階全面床暖房の輻射熱が家全体にじんわりと伝わります。ユニバーサルホームの「床暖房×無垢床」だから、無垢床でありながら真冬でも素足で過ごせる暖かな家を実現することができました。

RELATED PRODUCTS 関連商品