注文住宅でも使える!?坪単価の基礎知識

家を買うときに耳にする「坪単価」という言葉があります。坪単価を把握すると、注文住宅の費用を大まかに算出することができます。ここでは注文住宅における坪単価や計算方法についてご紹介いたします。

物件を建てるときの目安に便利!坪単価とは

坪単価とは家を建てるときの1坪あたりにおける建築費用を指します。1坪は約3.3平方メートルで、その広さは畳でいうと約2畳分です。坪数などが異なる家の価格相場を同じ基準で把握するために目安として使われています。例えばAの物件2,000万円(30坪)とBの物件3,000万円(47坪)だったとします。Aの坪単価は2,000万円÷30坪で約67万円になりBの坪単価は3,000万円÷47坪で約64万円になります。物件の価格はAの方が安いですが、坪単価でみるとBの方が低コストであることがわかります。同じような物件を建てようと考えた場合、坪単価と建てる土地の面積の坪数を掛け合わせることで、おおよその建築費を算出することができるのです。

坪単価の計算方法とは

坪単価は家の本体価格を床面積(坪)で割って算出しますが、建築会社ごとに数字が違う場合があります。「家の本体価格」は基礎工事費用だけを指す場合や、さまざまなオプションを付けた状態での総費用を使う場合もあります。「床面積」は延べ床面積または施工床面積を使う場合があります。延べ床面積はベランダや玄関・押し入れ・テラスなどを含まない面積で、施工床面積はそれらを含む家の総面積です。そのため施工床面積で算出している坪単価の方が安く算出されます。単純に坪単価だけを見て判断するのではなく、どのような前提で計算をしているのかもよく確認しておきましょう。

坪単価を知るメリットとは

坪単価を知るメリットとしては、家のコストパフォーマンスを知ることができる点があります。先ほどの「物件を建てるときの目安に便利!坪単価とは」で挙げた例を参考にすると、Aの価格の方が家を建てるときの価格は安く感じますが、Bの方が坪単価としては安いのでコストパフォーマンスが良いことがわかるでしょう。そのため、坪単価を把握することで物件選びの判断基準を増やすことができるのです。物件は間取りなどでも価格は変わり、坪単価も変動しますが、条件ごとの坪単価を知っていれば、お得な家なのかそうでないのかを判断することができるでしょう。

自分でも細かく確認を!注文住宅を発注するときの注意点

坪単価はあくまで目安であり、注文住宅の場合はオプションやグレードアップなどにより値段が変わる可能性があります。また、値段の中に含まれる工事の内容が異なることもあります。そのため、坪単価の計算方法や、提示された坪単価ではどういう家が建てられるかを事前にしっかりと確認することが大切です。よくチェックせずに受け入れてしまうと、家を建てた後に想像していたものと違うというトラブルに発展しかねません。疑問に思ったことやわからないことは担当者に都度確認するよう心がけましょう。

坪単価を把握して納得するマイホーム購入をしよう

坪単価は大まかな家の建築費を知るための指標となるので、家を購入する前にしっかりと把握することが大切です。コストパフォーマンスが高く満足できる家を建てるためには、坪単価は非常に参考になる情報といえるでしょう。相場観がよくわかっていないと、家づくりにおいて誤った判断を下してしまうかもしれません。納得のいくマイホーム購入のためには、坪単価のしくみを把握し、実際の相場に見合った家なのかを見極める選球眼が必要です。坪単価の見方をものにして、満足のいくマイホームを購入しましょう。

 

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    2
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  3. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    3
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  4. ベッド下収納って使いやすいの?メリットとデメリット
    4
    ベッド下収納って使いやすいの?メリットと…
  5. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    5
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ