30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!

家を建てるときには、坪数も気になる点のひとつです。30坪の家でも空間を広く見せるためのテクニックを知っておけば、豊かな生活が実現できます。この記事では、30坪の広さとはどれくらいの大きさをいうのか、30坪の空間を広く見せる具体的な方法についてご紹介します。

 

そもそも30坪の広さってどれくらい?

「30坪の家」というと、何となく感覚的に「あまり大きな家ではなさそうだな」と想像する人が多いのではないでしょうか。30坪とは具体的にどれくらいの大きさのことをいうのか知っておき、家づくりに役立てましょう。

まず、1坪は3.30578平米(平方メートル)の面積です。1坪はおよそ畳2枚分の広さに相当するといわれています。すなわち、延べ床面積が30坪の家の場合は、畳60枚分の広さの家であることがわかります。「1坪は畳2枚分」ということを覚えておくと、家づくりにおいて部屋の広さをイメージするのに役立ちます。身近にある畳の枚数で部屋の大きさがイメージできれば、空間の広さも捉えやすくなります。

 

吹き抜け利用した間取りで空間を広く見せる

延べ床面積が30坪の家というのは、やはりスペースの面でかなり制限があるといえるでしょう。何も考えずに生活に必要とされる部屋の数をただ単に押し込んだのでは、後々生活に支障をきたすことは一目瞭然です。30坪という空間を最大限に活かしたいなら、吹き抜けを利用した間取りを検討してみることをおすすめします。吹き抜けの住宅にすることによって、光を十分に取り入れることができます。また、吹き抜けを利用すると天井が高くなるため、30坪以上の効果が感じられるという心理的なメリットもあります。空間を取り入れて、30坪という空間を広く見せるようにしましょう。

 

水回りを一カ所に集めることで部屋は広くなる!

キッチンやお風呂、トイレなどは「水回り」と呼ばれますが、30坪以下の住宅ではこれらはできるだけ1カ所に集めることがおすすめです。まず、水回り設備を集中させることによって、給排水管工事が単純化できるという経済的なメリットがあります。また、使い勝手の面からも、水回りを1つの箇所に集中させると家事の効率化が期待できます。例えば、「夕ご飯の準備をしながら、お風呂を沸かす」「台所で朝ごはんの片付けをしながら、洗濯をする」などというように、家事動線が短くなることで家事の時短効果が生まれる可能性があると知っておきましょう。

 

十分な収納スペースを作って家具を減らそう

新しく家を建てるときは、十分な収納スペースがあることが望まれます。30坪の家の場合、収納家具をどんどん増やしてしまうとスペースの有効活用が困難となるばかりでなく、空間を圧迫する原因となってしまいます。30坪の家で収納スペースをできるだけ確保するためには、「見せる収納」を心がけることがおすすめです。「収納」というと、「隠すことによって片付ける」というイメージが持たれがちです。しかし、あえて見せることによって、インテリアの役割を果てしてくれるアイテムがあることも事実です。そういったアイテムに関しては、積極的に見せて収納することがポイントです。

 

30坪の家を広く見せる間取りとは?

30坪という限られたスペースを広く見せるためには、部屋数を細かく仕切らないことが重要です。また、吹き抜けを利用して風通しに配慮するとともに、積極的に自然光を取り入れて、気持ちの良い空間を作り上げることもポイントです。30坪の住宅でもリビングスペースを思い切って広く確保すると、家族との会話が増えたり、子育てがしやすくなったりするなどといったメリットがあります。30坪を有効に活用して、より豊かな住まいを実現しましょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    2
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  3. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    3
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  4. ベッド下収納って使いやすいの?メリットとデメリット
    4
    ベッド下収納って使いやすいの?メリットと…
  5. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    5
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ