後悔しない注文住宅を建てるために!注文住宅のメリットとデメリットを知ろう

憧れのマイホームについて考えるなら、注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。注文住宅なら、自分が理想とする住まいを手に入れることができます。この記事では、注文住宅のメリット・デメリット、注文住宅と建売住宅の違いなどについて解説します。

 

注文住宅ってなんのこと?

マイホームについて色々と調べている人なら、一度くらいは「注文住宅」という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。注文住宅とは、分かりやすく述べると「オーダーメイドの住宅」といえるでしょう。注文住宅は設計・デザインに関する自由度が高いため、「こだわりの家づくりをしたい」「キッチンスペースは広く設けたい」「ダイニングは明るい空間にしたい」などという希望や要望も思い通りに実現することができます。住み手のあらゆる希望に応えることができるのが注文住宅の強みです。

 

建売住宅と注文住宅の違いについて

新築の一戸建てを建てるときには、建売住宅と注文住宅の違いについて知っておきましょう。

まず、建売住宅はすでに家が完成している、もしくは完成直前の家を購入するため、住宅の価格があらかじめ決定していることが特徴です。建売住宅の購入に関しては、購入金額に応じた返済計画を立てて住宅ローン会社を探していくことがポイントです。

一方、注文住宅とは住宅会社や工務店、設計事務所などに建築を依頼して、一から家を建てていきます。更地に新たに住宅を建てるため自由度が高く、住み手の要望を反映しやすいことが特徴です。住宅の価格に関しては、予算に応じて決定します。

 

注文住宅のメリット

注文住宅は、更地に一から住宅を建てていくため、外観や内観のデザインはもちろんのこと、設備に関しても自分の意志で決定することができます。特に、間取りやデザインに強いこだわりがあるのであれば、注文住宅では理想の住まいを建てることができるのが最大のメリットといえるでしょう。住宅にまつわる知識を持っていなくても、住宅会社や工務店などがしっかりと相談に乗ってくれるため大きな心配をする必要はありません。注文住宅は打ち合わせを重ねるごとに住宅の細部まで徐々に決まっていくため、満足のいく家づくりができます。
また、注文住宅では建材資材も予算に応じてある程度は自由に選ぶことができます。こだわりたい部分の建材資材にはとことんこだわって理想の家を実現できるという点は、注文住宅のメリットのひとつです。予算の配分を知識のない者が行うのは難しいため、打ち合わせで担当者に相談することをおすすめします。

 

注文住宅のデメリット

自由に設計できる点が魅力の注文住宅ですが、実はデメリットもあります。注文住宅には住まい手の意思を反映できる自由な部分が多いため、打ち合わせにも時間がかかります。このことから、入居期間までにはある程度の時間を要する点がデメリットととらえられます。
また、設備や建築資材などにもこだわれるため、予算をオーバーしてしまう可能性も十分に考えられます。打ち合わせを重ねる段階で、予算に見合った家づくりができているかという点を確認しておく必要があるでしょう。

 

注文住宅なら理想の住まいが実現できる

こだわりの住宅に住みたいなら、やはり自由度が高いとされる注文住宅がおすすめです。新たに住宅を建てるときには、大きな夢を持っている人がたくさんいます。こういった夢を実現させたいなら、デザインや間取り、設備などにとことんこだわれる注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。注文住宅と建売住宅の違いを知っておき、さらに注文住宅のメリット・デメリットについて心得たうえで家族の考えに沿った住宅を実現していくことが大切です。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ