注文住宅とは?建売住宅との比較で特徴をつかもう

住宅を建てるなら、注文住宅を選ぶことで理想的な家作りが実現できます。住宅を建てる際の選択肢としては、注文住宅のほかにも建売住宅があります。はじめて住宅を購入する場合、それぞれにどのような違いがあるか分からないという方も多いでしょう。そこで今回は、建売住宅と比較しながら、注文住宅の特徴やその魅力について解説します。

注文住宅と建売住宅の違いを理解しよう

注文住宅は、好きな間取りや設備、内装、外装などといった購入者の希望を設計に反映させることができます。設計図の作成に携わることができるため、自由度が高いのが特徴です。すでに土地を所有している場合は、そこに住宅を建てることができます。土地をもっていない場合は、注文住宅の設計と並行しながら、土地を探す必要があります。土地の性質によって建てられる家の条件が変わることもあるため、土地選びは慎重に行うべきです。
一方、建売住宅は、住宅会社の任意の設計により建てられた住宅です。土地と建物がセットで販売されています。完成した住宅を販売している場合もあれば、建築を進めている段階で販売が開始される場合もあります。設計について意見を出すことができないため、注文住宅に比べると自由度はかなり低いです。ただし、間取りや設備、その他の装飾に複数の選択肢が設けられていることもあります。注文住宅に比べると割安ですし、手続きさえ済めばすぐに家が手に入るという利点があります。

注文住宅1.フルオーダー

注文住宅のフルオーダーでは、住宅に関するあらゆる部分について依頼者が決定することができます。たとえば、断熱材、壁材、サッシの種類など、細かい部分まで指定することが可能です。建物の階数や間取りについても、家族構成や生活スタイルに合わせて自由に考えることができます。住宅に関する知識が少ない場合は、専門家などの意見を聞き、さまざまな視点を交えつつ設計を行いましょう。とはいえ、住宅会社のすすめる内容を鵜呑みにせず、自分たちの生活に合っているかどうかを慎重に検討することが大切です。
フルオーダーでは、住宅の全てについて、納得がいくまで変更を加えることができます。そのため、完成後の満足度も高いのが特徴です。将来にわたって長く住む家に対し、自分の希望をしっかり反映できるというのは大きな利点です。ただし、強いこだわりをもつほど、設計図が完成するまでにたくさんの時間がかかってしまいます。また、高い品質やオリジナリティを追及すると、その分、費用も高くなる可能性があります。時間と資金に余裕があるほど選択肢の幅は広がりますが、アイディア次第では、限られた予算内で理想の住宅を建てることも不可能ではありません。住宅作りに関して情報を集め、さまざまな工夫を行うことも大切です。

注文住宅2.セミオーダー

注文住宅のセミオーダーでは、あらかじめ用意された基本の仕様の中から、好みのものを選んで設計を行っていきます。セミオーダーなら、建築に関する詳しい知識がなくても問題ありません。たとえば、外壁や内装の色、設備のグレードなどを選ぶことができます。住宅会社によっても選択できる範囲は異なるため、契約前にあらかじめ住宅のイメージを決めておくとよいでしょう。間取りは自由に決めることができるため、セミオーダーでも生活スタイルに合わせた住宅を設計することができます。なお、一般的に注文住宅と呼ばれるものは、セミオーダーのことをさしている場合が多いです。
フルオーダーに比べると自由度は下がりますが、その分、費用を低くおさえられるというメリットがあります。よりリーズナブルに、生活しやすい家を建てたいなら、セミオーダーを選ぶと成功しやすいです。また、全てにこだわって理想の住宅を建てたいという場合でも、セミオーダーの施工内容で理想がしっかり実現できそうであれば、セミオーダーを選んだほうがお得です。ただし、セミオーダーではある程度住宅の型が決まっているため、極端に狭い土地や特殊な条件をもつ土地には建てられないこともあります。所有している土地に住宅を建てる場合は、あらかじめよく確認しましょう。

建売住宅にはない注文住宅の良さとは?

注文住宅には、建売住宅にはない利点が多くあります。注文住宅の最大のメリットは、購入者の要望を反映させた家を建てられるところです。建売住宅は、家が完成した状態での購入となるため、設備や装飾に不満があっても、そのまま受け入れなければなりません。建売住宅でも建設途中で売りに出されることはありますが、その段階で購入者の希望を新たに追加することは不可能です。また、建売住宅は注文住宅に比べると割安なため、場合によっては設備や施工の品質が低いこともあります。建売住宅の購入者は住宅を建てる工程に参加することができないため、住宅の品質を自分の目で確かめることができません。パンフレットや口頭の説明だけではわからないこともあるため、注意が必要です。
一方、注文住宅は施工が開始される前に納得がいくまで設計図の修正を行うことが可能です。もちろん、立地や金銭面などの条件によっては、イメージする内容を実現するのが難しいこともあります。しかし、設計を行う担当者は購入者の理想に近づくような提案を行ってくれます。そのため、理想に近い代替案が見つかることも多いです。また、住宅の設備についても細かくこだわることができるので、高品質な住宅に仕上げることが可能です。設計が終わったあとも、住宅の施工が丁寧に行われているかどうか自分の目で確認することができます。このように、注文住宅は安心して自分たちに合った家を購入することができる方法だといえます。

コストに注意!注文住宅を購入する際の注意点

注文住宅を購入するときは、コストに注意が必要です。注文住宅は設計の自由度が高いため、自分たちがよいと思うものを全て盛り込むと、たくさんの費用がかかってしまいます。納得できる金額で理想の家を建てるためには、設計を住宅会社に任せきりにしてはいけません。購入者からも積極的に意見を出すことが大切です。そのためには、住宅の建設について自らも知識をつけておく必要があります。とくに、どういったポイントに気をつけるとコストをおさえられるのかについて、本やインターネットを利用して情報を集めるとよいでしょう。たとえば、窓の数や部屋どうしの仕切りを減らすだけでも、コストは大幅に下がります。実際に注文住宅を建てた人の口コミも非常に参考になるのでおすすめです。
そうやって得られた情報をもとに、予算内で理想的な住宅を建てるためには、どういったコスト削減ができるか考えてみましょう。ここで大切なのは、コストばかりに気をとられて、自分たちの生活に支障が出ることがないようにすることです。そういったバランスを考えながらアイディアを出すのは大変そうに思えますが、予算や最低限ゆずれないポイントなどを設定すると工夫がしやすくなります。自分たちが近い将来住む家についてあれこれ考えるのは、楽しいものです。夫婦や家族で話し合い、コストと住み心地の両方に満足がいくような家作りを考えましょう。

注文住宅で理想の空間を手に入れるには

住宅を建てる際は、注文住宅を選ぶことで自分の希望をしっかり反映させることができます。より理想的な空間を手に入れるためには、住宅に関する正しい知識を身に付け、こまめに情報収集を行うことが重要です。住宅とは長い付き合いになりますから、妥協せずに考える必要があります。フルオーダー、セミオーダーのどちらを選ぶにせよ、自分たちの意見を積極的に反映させましょう。

モデルハウスへ行って住宅知識を学ぶ!

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ