住宅を建てるなら知っておきたい!坪単価はどうやって決まる?

どんな住宅を建てようか検討するときに、費用の判断材料として坪単価を気にするという方は多いのではないでしょうか。そんな坪単価は、さまざまな要因によって価格が変動するという性質を持ちます。そのため、坪単価がどうやって決まるのか仕組みを知っておくことで、コストパフォーマンスの優れた住宅を建てることができるでしょう。

 

坪単価の算出方法は住宅会社によって違う!

坪単価とは、住宅を建てる際に1坪当たりにかかる費用のことです。一般的には建物の本体価格を延床面積で割った数値が坪単価となり、建築に必要な費用を算出するときの目安となります。仮に本体価格が3,000万円、延床面積が100坪の住宅を建てたとすれば、坪単価は30万円と考えることができます。ちなみに1坪とは約3.3平方メートルで、畳2枚分程度の広さです。正確には「(坪)÷0.3025=(平方メートル)」という計算式で表されます。また、延床面積とは建物全体の床面積を合計したもののことです。2階建てであれば、1階と2階の床面積を両方カウントします。
しかし坪単価の算出方法は、住宅会社によって異なる場合があります。たとえば、ある住宅会社は坪単価を算出するときに、延床面積ではなく施工床面積を使って計算を行います。施工床面積とは、延床面積に含まれない玄関ポーチやバルコニー、吹き抜けなどといった場所の面積も加えた床面積のことです。施工床面積は延床面積よりも大きくなるので、施工床面積を使って計算すると、延床面積を使った算出方法よりも坪単価は安くなります。
床面積以外にも、坪単価の算出にどういった要素を用いるのかは、住宅会社ごとに異なります。そのため、住宅を建てるときに坪単価だけに注目して依頼先を決めてしまうと、思わぬ損をしてしまう可能性があります。

 

採用される工法や住宅の形状なども坪単価に影響する!

坪単価は、住宅を建てる際に採用した工法によっても変わります。木造在来工法や2×4工法よりは、鉄骨造や鉄筋コンクリート造などは高額になる傾向が見られます。
使用する設備や材料のグレードも坪単価に影響します。たとえば、なにも置かれていない部屋の1坪よりも、トイレや浴室の設備が置かれた1坪のほうが費用は高くなるでしょう。そして、それらの設備が高級な材料で作られていれば、坪単価も高額になります。こうした設備や材料のグレードに関しては、住宅会社ごとにオプション設定されていますから、住宅の中のどういった機能を重視するかによって、グレードを検討するといいでしょう。安らぎや利便性を重視するのであれば、リビングや寝室やキッチンなどのグレードをアップし、その他の箇所のグレードを下げることで、予算をコントロールできます。
さらに、住宅の形状によっても、坪単価は変動します。住宅が複雑な形状をしていると、屋根の形も複雑になったり、壁や柱の面積が増えたりすることがあります。そうなると工事費や材料費がかさんで住宅の本体価格も高額になり、坪単価が高くなってしまいます。

 

住宅を建てるなら坪単価のコストパフォーマンスにこだわろう

坪単価がさまざまな要因によって変動するということを理解しておけば、住宅を建てるときに坪単価の価格だけで判断して失敗するということは少なくなります。肝心なのは、坪単価のコストパフォーマンスです。算出方法に用いられたのが延床面積なのか施工床面積なのか、どういった工法を採用するのか、設備や材料のグレードはどの程度にするのか、などといった点に着目しながら、坪単価のコストパフォーマンスを高めていくことが重要となります。まずは、自分が希望する構法や設備で住宅を建てた場合にどれくらいの費用がかかるのか、住宅会社に見積りを依頼して、内訳を確認してみるといいでしょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ