新築住宅を600万円安く買う方法とは?住宅ローン金利を上手に活用!

住宅を購入する際、多くの方が住宅を建築される場合、多くのお客様は住宅ローンを利用されることでしょう。住宅ローンは金融商品ですから、“どこで借りても同じ”ではなく、金利や返済期間、条件などによって変わってきます。30年、35年という長期間に渡って返済をしていくため、0.1%の金利差が総返済の額で大きな違いをもたらします。

 

トピックス一覧

一般的な木造住宅は、返済期間35年での借入が可能となります。(契約者の年齢・所得条件などによって、変わります。)

ちなみに3,000万円を借り入れした場合、

金利:2.0%  99,379円/月×35年間  → 総返済額:41,739,180

金利:1.0%  84,686円/月×35年間  → 総返済額:35,568,120

※元利均等返済方式・ボーナス時返済無しで計算。

 

いかがでしょうか? 金利差だけで、住宅ローン支払いの総返済額が600万円以上変わってくるのです。ここにお買い得に住宅を購入できるチャンスが生まれているのです。

住宅購入を検討されているみなさまは、一度ローンシミュレーションを行ってみることをおススメします!

 

ここで住宅購入時(住宅ローン支払いスタート)の年齢を考えてみます。

35歳で住宅を購入、住宅ローンを35年返済で組むと、完済時には70歳となってしまいます。一般的な会社で、定年65歳まで働いても5年間の返済期間が残ってしまうのです。

3,000万円のローンを組むと、1.0%の金利で計算すると月々の返済額は約8.5万円、これを定年後に年金や蓄えの中から返済していかなくてはなりません。

完済時に退職年齢となる35歳として考えると、返済期間30年での検討をお勧めします。ただし、その場合、月々の返済額が9.5万円となってしまうため、自己資金を増やして借入額を抑えたり、住宅購入の総費用を抑えるということも考えていかなくてはならないでしょう。

“自己資金が貯まるまでマイホームの購入は待ったほうが良いのではないか?”というようにお考えになられるケースもあるかと思います。しかしながら、現在の住宅ローン金利は史上最低金利を更新しています!今までにない低い金利は住宅購入の絶好のチャンスなのです。

 

住宅ローンの低金利の加速、消費税アップへの準備・・・などを考えると、「今買ったほうが良いのか?」という疑問につながっていきます。これは一つのきっかけにしか過ぎないと思われます。住宅会社のプロに聞くと、「良い物件、良い会社、良い担当者」に巡り合った時が、一番ベストな家づくりのタイミングです。」という答えが返ってきます。

金利が安いからと慌てて計画を進めても、満足いく家づくりが出来るでしょうか?

市場背景は理解しながら、自分たちの家づくりの考え方は左右されず、自分に合った住宅会社や担当者としっかりと相談していく。

その中で低金利の住宅ローンなどを活用できれば、一生涯の満足につながると感じます。やはり「自分たちがどういう家に住みたいのか?」を考えていくことが重要なのです。

 

まずはモデルハウスや見学会に行って、色々な勉強をしてみましょう!

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ