年収に見合った住宅ローンの借入額ってどれぐらい?

住宅を購入するときに、ほとんどの人が住宅ローンを必要としていることでしょう。しかし、自分の年収に対してどれぐらいの住宅ローンを組むことが適正なのか、把握している人はあまりいないのではないでしょうか?そこで、年収に対してどれぐらいのローンを組むことが適切なのか調べてみました。

 

トピックス一覧

そもそも住宅ローンは申し込んでも必ず組めるものとは限りません。住宅ローンを組むということは、融資をしてくれる金融機関などと契約を結ぶということです。当然、金融機関も慈善事業で行っているわけではありませんので「この人なら返済してくれる」という確証がないのに融資してくれることはありません。そのため、これから契約しようとしている住宅ローン以外に現在進行形で他のローンを利用している場合には、それも合算して返済能力の有無を判断されます。
注意しておきたいのが、車のローンやクレジットカードのリボ払いです。これらの借金は金融機関からお金を借りているという点では住宅ローンと同じ構図になります。しかし、住宅ローンの契約をするときと比べて金額が少額であることが多く、また身近な存在であるため「借金」という意識が薄れている人もいるようです。しかし、一つずつの金額は大きくなくても、積み重ねると大きな金額となって満足な住宅ローンを組めなくなる可能性がありますので注意しましょう。

 

住宅ローンの毎月の返済額は大きすぎても、小さすぎても良くありません。毎月の返済額が大きすぎると住宅ローン以外の生活に回せるお金が少なくなりますし、小さすぎると建築費用の総額が小さくなるので、自分の希望通りの住宅が建設できなくなる可能性があるからです。
毎月の返済額を計算する指標の一つとして「返済負担率」というものがあります。これは年収に占める年間の返済額の割合を表している指標で、ある程度余裕を持った返済計画を作成したい場合には、20%程度を目安とするべきだといわれています。返済負担率を元にした計算式は「年収×返済負担率÷12ヶ月÷100万円当たり返済額×100万円」です。100万円当たり返済額とは返済期間や金利を考慮して、仮に100万円のローンを組んだら毎月いくら返済する必要があるかを表すものです、たとえば、金利1.5%で35年返済の場合は3,061円となります。年収500万円でボーナス返済なしという条件を上記の計算式に当てはめると「500万円×20%÷12ヵ月÷3,061×100万円」となり、計算の結果、住宅ローンの借入額の目安は約2,700万円となります。

 

返済負担率によって無理をしない範囲でローンを組むことは重要ですが、自分の利用する住宅を建設するために「予め住宅ローンを組める限度額を知っておきたい!」という人もいるのではないでしょうか。
基本的には住宅ローンにおける審査や限度額については、各金融機関によって違います。そのため、一概に「年収の○○倍までローンを組める」ということは言えません。逆に金融機関のさじ加減次第でいくらでも借りることができる可能性はありますが、それには当然返済不可能になってしまうというリスクもあります。また、このリスクの影響があるのは融資を受ける側だけではありません。融資をする金融機関側にも返済されないリスクというものが存在することになるのです。そのため、他の金融機関で貸してもらえないような金額の融資を依頼すると大抵金利も高くなるということは覚えておきましょう。

 

住宅の購入は老後の生活費や子供の教育費などと同じで「人生の3大支出の一つ」といわれています。多くの人にとって住宅の購入だけが人生のゴールではありません。その後の生活も見据えた上で適切な返済ができる金額の融資を受けるようにしましょう。
また、日本では低金利政策がしばらく続いていますが、それに安心しないことです。返済負担率などの目安は返済期間途中に金利が上がることがあると計算が変わってしまうことがあります。返済期間終了まで固定金利の住宅ローンを組んでいるなら問題ありませんが、10年固定や5年固定などのように、一定期間経過後に変動金利になるような契約をしている場合は、今後金利が上昇するリスクもある程度折り込んだ上で余裕を持った返済計画を作成するようにしましょう。

 

 

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    3
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  4. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    4
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ