家を買うときに重要視したいポイント!年収と住宅ローンの関係

こんな間取りにしたい、あんな設備をつけたいなど、家を買うときは理想がどんどん膨らんでくるでしょう。ところが、理想を追い求めすぎてしまうと予算オーバーになってしまうことも少なくありません。住宅購入費用を一括で用意することは難しく、多くの人が住宅ローンを組みます。無理なく返済を続けるためにも、家を買うときは世帯年収に見合った住宅ローンを組むことが重要です。ここでは、住宅ローンを組むときのポイントについて紹介していきます。

家の購入予算は頭金と住宅ローンの合計で計算すること!

住宅ローンは返済時に利子も支払うので、可能な限り借入金額が少ないほうがトータルでかかる費用を減らせます。憧れの住まいで生活を送ることを夢見てしまいますが、住宅ローンの返済額が家計を圧迫してしまうと、ほかの部分で節約をしなければなりません。現在子どもがいる場合、将来子どもができた場合には、教育費が多くかかるようになるので、その点も考慮して住宅ローンを組む必要が出てきます。理想に近い住宅を購入し、ある程度余裕のある暮らしを送るためにも、まずはいくらぐらいの家を買うことができるのか知ることが重要です。家を買うときは頭金を支払い、残りはローンを組むというパターンが考えられます。自己資金を多く持っていたほうが住宅ローンの借入額が減らせるので、まず頭金でどれくらいの金額を用意できるのかを計算してみましょう。頭金を計算する場合、手取り月収の4カ月から6カ月分ほどを貯蓄として残せるようにすると安心です。この頭金の額に住宅ローンの借入額を足した金額が、購入できる家の予算になります。

 

年収の何倍が目安?家の購入予算の決め方

一般的に家を購入するときの予算は、年収の5倍以内が妥当だと言われています。ある住宅購入者へのアンケート調査では、最も多いのが年収の5~6倍という結果でした。しかし返済年数も大きく関係しているため、年収の5倍というだけで安易に購入予算を決めてしまうのは危険です。住宅ローンを組むときは、返済額と返済期間を決めるのですが、そのときの年齢で返済できる年数が変わってきます。会社勤めの人であれば定年は65歳というところが多いため、それまでに住宅ローンを返済しようと考えるでしょう。返済期間が短ければそれだけ毎月の負担が大きくなりますので、住宅ローンの借入額がそれほど多くはなくても、毎月の家計に占める返済額が大きくなってしまうのです。また、金利が低い時期に家を購入するときは、年収の5倍以上を上回った家を購入することも難しくはないのですが、金利が上がったときにしわ寄せがくることを覚えておきましょう。

 

家を買うときの住宅ローンの返済額は年収の何%までなら安心?

現在は家計に不安な点がなくても、この先予想外のことが起こる可能性は十分にあります。たとえば、子どもが私立の学校に行くとなれば教育費が予想していたよりも多くかかります。他にも夫の会社が業績不振で給与が削減される、働き続ける予定だった妻が事情により働けなくなる、親を介護する必要が出てきたなどといった出来事は、誰にでも起こり得ることです。このような事態が起こったときは住宅ローンの返済が厳しくなりますし、退職後にローンが残ることにもつながってしまいます。こうしたケースを想定して、住宅ローンの返済額は年収の20~25%以内におさめておくと安心です。そして、返済額は手取り年収で計算するようにしましょう。年収は税込で表示されることが多いですが、実際に使えるのは社会保険料や税金を全て引いた後の金額です。また、資金的に余裕ができたときはそれを貯蓄に回すだけでなく、繰り上げ返済に回して早めにローンを返済するように努めることも大切です。繰り上げ返済を行うと金利の負担を減らせるので、住宅購入費用総額の削減効果が期待できます。年収やライフスタイルなどを加味し、無理のない計画で家を買うように心がけていきましょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    4
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  5. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    5
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ