金利が低い時こそ、フラット35にはメリットがある!

住宅を建てるときは、ほとんどの人が住宅ローンを組んでいることでしょう。住宅ローンについては各金融機関が取り扱っていますが、どこに頼めば良いのかわからない人もいるかもしれません。そこで、公的な機関である住宅金融支援機構が取り扱っている「フラット35」について紹介してみます。名前ぐらいは聞いたことがある人も多いかもしれませんが、特徴などを見ていきましょう。

フラット35の特徴とは?

フラット35とは、住宅金融支援機構という名前の独立行政法人が民間の金融機関と提携して行っている住宅ローンのことです。住宅金融支援機構は国土交通省と財務省が所管省庁となっている公的な機関ですので、安心して利用できます。フラット35は「フラット=平坦な」「35=35年間」という意味を持っている住宅ローンで、その名の通り最長35年間固定金利で住宅ローンを組むことができる商品です。民間の銀行と提携しているので、大手都市銀行から地方の信用金庫まで幅広く扱われており、身近な金融機関に申請できるのも魅力だといえます。また、フラット35には省エネルギーなど一定条件をクリアした住宅を取得する際に申請できる「フラット35S」という制度があります。フラット35Sでは、フラット35を申し込んでいる場合に借入金利を一定期間引き下げることが可能になります。

固定金利にはどんなメリットがあるの?

フラット35の最大のメリットは「最大で35年間固定金利」です。これは借入開始時に利子も含めた総返済金額を確定させることができるため、返済計画を立てやすいというメリットがあります。また現状住宅ローンにおいては低金利が続いていますが、今後もその状態が続くとは限りません。将来的に金利が上昇してしまうと、住宅ローンの返済金利まで上がってしまう可能性があります。変動金利で住宅ローンを組むと金利が下がって総返済額が減る可能性もありますが、逆に増えてしまう可能性もあるのです。そのため、金利が低いうちに固定金利で住宅ローンを組むメリットがあるのです。また、フラット35は繰り上げ返済手数料0円という点も見逃せません。固定金利であれば毎月の支出はずっと変わらないので、ある程度のお金が貯まったら繰り上げ返済を活用する計画も立てやすいです。このようにフラット35は、借入当初の計画通りに返済を行いたい人や計画的に繰り上げ返済を行いたい人に向いているといえます。

フラット35で融資を受けるための条件とは?

フラット35にはさまざまなメリットがありますが、住宅ローンの申請をクリアするためにはいくつかの条件を満たしていなければならない点に注意してください。まず、基本的に申し込み時点で満70歳以上の人はフラット35を利用することができません(親子リレー返済を除く)。また、基本的には日本国籍を取得している人、または永住許可を受けている人・特別永住者の人が利用できます。それ以外の外国人では利用できないので注意しましょう。借入可能金額は100万円以上8,000万円以下(1万円単位)ですが、土地を取得する費用も含まれます。年収と総返済負担率の基準については、年収400万円未満であれば総返済負担率30%以下、400万円以上であれば35%以下です。仮に年収が600万円の人であれば借入可能金額が約4,500万円となりますが、住宅ローン以外に自動車ローンやカードローンで返済しなければならないお金がある場合、もう少し低い金額しか借りられない可能性があるので気を付けましょう。固定金利と変動金利は一長一短があるので、どちらが優れているかというのは一概に言うことができません。ただし、一般的に低金利の時代に住宅ローンを組むならば固定金利の方が有利だといわれています。フラット35を上手く活用することで、返済計画を楽にできるかもしれないので、他の住宅ローンを含めてよく比較検討することから始めてみましょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ