もう悩まない!ペットの毛の掃除が楽になる家づくり

生活に楽しみや癒しを与えてくれる、かわいいペット。大切な存在である一方で、掃除が大変という面もあります。特に、ペットの毛の掃除に悩まされている人は少なくないことでしょう。そこで、ペットの毛の掃除が楽になる家作りについてご紹介します。

 

ペットの毛にまつわる掃除の悩みとは

犬や猫などペットの毛の掃除で、特に多くの人を悩ませるのが「換毛期」です。換毛期とは冬の毛から夏の毛に、また夏の毛から冬の毛に生え変わる時期のことで、春と秋にそれぞれ1カ月ほど続きます。ペットの種類や品種にもよりますが、特にこの時期には多くの毛が抜けます。床をはじめ、リビングやキッチンなど家の中のあちこちに毛が漂う状態にイライラする人も少なくありません。ソファカバーやラグに毛が絡まって、掃除機だけでは毛を除去できないというケースも多く見られます。ベッドなど寝具も毛だらけになり、粘着テープを使った掃除が欠かせなくなります。また小さな子どもがいる家庭では、アレルギーを心配する人も多いでしょう。

 

ペットの足に優しく掃除しやすい床材選び

家の中でペットを飼う場合、ペットが滑りにくく歩きやすい床材を使う必要があるでしょう。そんな床材に「クッションフロア」や「タイルカーペット」があります。これらの床材には歩いたり走ったりしたときの衝撃を吸収する作用があるため、ペットの足や腰に負担がかかりません。滑りにくいため、転倒などの事故も防げます。さらに、汚れた場合に対応しやすいこともこれらの床材の魅力です。ラグやカーペットのようにペットの毛が絡まないため、換毛期にも掃除機やモップで簡単に掃除できます。また、クッションフロアは防水性にも優れているため、水をこぼされた場合でも簡単に拭き取るだけでキレイになります。タイルカーペットは、タイル状にカットしたカーペットを幾つも繋ぎ合わせている床材です。汚れた部分だけを洗ったり取り替えたりすれば良いため、キレイな状態を保ちやすいでしょう。

 

思わぬ事故防止にも!家具選びは慎重に

ペットと快適に暮らすには家具選びも大切です。まずはソファやベッドなど、人がくつろぐ家具を選ぶ場合です。ペットは人がくつろいでいる場所に一緒に居たがる傾向があります。しかし、ソファやベッドにある程度の高さがあると、上り下りをするときに足や腰に負担がかかってしまいます。中でもチワワなどの骨が弱い犬種や、ダックスフンドなどの胴長短足種は負担がかかりやすいため、これらの犬種を飼っている場合は特に慎重に選びましょう。また、ペットの目線に角がある家具も危険です。部屋の中でペットが歩いているときなどに、目や鼻などを傷つけかねません。角のない家具を選ぶ、コーナークッションを使うなどの工夫をしましょう。なお観葉植物にも注意が必要です。人にとっては無害な植物でも、犬が口にすると命に関わるなど、ペットに危険を及ぼす場合もあります。観葉植物を購入する場合は、植物の種類とペットの相性をしっかり調べてからにしましょう。

 

ペットに優しい家づくりは人にも優しい

ペットに優しい家をつくることで、人にとっても多くのメリットが生まれます。たとえば、ペットのために選んだクッションフロアやタイルカーペットなどの床材。これらは歩くときの衝撃を吸収してくれるため、人の足腰にも優しい住まいとなります。特に小さな子どもや高齢者がいる家庭では安心でしょう。また汚れても掃除しやすいため、家の中を清潔に保てますし、家事の負担を減らすことにも繋がります。仕事や家事で忙しい人にとっては、なにかと嬉しい場面も多いのではないでしょうか。このように、ペットに優しい家は人にも優しい暮らしを提供してくれます。ペットと一緒に快適な暮らしが楽しめる家で、新しい生活を始めてみてはいかがでしょうか。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    1
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  2. 家具やインテリアの配置次第でオシャレに!6畳部屋におすすめのレイアウト!
    2
    家具やインテリアの配置次第でオシャレに!…
  3. 床暖房でガス代を節約する方法を教えます!
    3
    床暖房でガス代を節約する方法を教えます!
  4. 簡単キレイにするコツを伝授!網戸をピカピカに掃除する方法
    4
    簡単キレイにするコツを伝授!網戸をピカピ…
  5. 収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも、寝室のクローゼットも、子供部屋もいつもスッキリ!
    5
    収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも…