イエばな

平屋を建てる際のメリットとデメリットを知ろう!

家を建てる際には平屋にしたいという人も増えています。ただし、「なんとなく」「オシャレだから」などの漠然な理由ではなく、平屋の特徴も把握しておきましょう。ここでは、平屋を建てる際のメリットとデメリットをまとめていきます。

 

平屋とはどんな家のこと?

平屋とはつまり「1階建住宅」のことです。1階の中に生活スペースや収納スペースなどを配置し、縦に広がるのではなく横に広がるのが特徴です。平屋にすると移動が楽で、特に階段の上り下りがなくなります。高齢者の住宅として平屋が好まれるのも動きやすさが大きいでしょう。

しかし、近年では若い夫婦や子供がいる家庭でもあえて平屋を選ぶケースが増えてきました。需要にあわせて、メーカーも2階建てと同じスペースの住宅を平屋で建てることも出てきています。これから家を買う家族は「平屋か2階建以上か」をまず考えることになるでしょう。

 

平屋にするメリットとは?

平屋のメリットとしては、移動の自由さのほか「通気性」が挙げられます。日本の気候は夏と冬の気温差が激しいため、空気の通りが非常に重要です。温度も湿度もこもりにくい平屋を好む家族は多いでしょう。また、平屋はスペースを有効活用するのに最適です。階段を設置するはずのスペースがなくなるので、家の中が広く感じます。服や家具などの日用品も整理整頓してしまえるようになるでしょう。掃除やメンテナンスも大きなメリットです。埃がたまりにくく、家の変化に気づきやすい平屋は維持が2階建以上に簡単です。長く安全に住むなら平屋の方が適しているといえるでしょう。

 

平屋のデメリットも知っておこう

平屋のデメリットとして真っ先に考えられるのは「防犯面のリスク」です。2階建であれば侵入が難しい2階に貴重品をしまっておけます。しかし、平屋では一度侵入されたら2階建よりも大きな被害に遭う確率が高くなるのです。

また、プライベートなスペースを確保しづらいのもデメリットになるでしょう。両親と一緒に住む場合、常に顔を合わせていなくてはいけないのが窮屈になる人もいます。また、子どもが思春期を迎えたときには「自分だけの隔離された空間」を欲しがることもあるでしょう。家族とはいえ、一人の時間を大切にしたいなら平屋が不向きになるパターンもありえます。

 

平屋と2階建ての建築費用の違い

「平屋は1階しかないのだから安くなるはず」という考えは間違いです。ケースバイケースで、ときには平屋の方が2階建以上の住宅よりも高くなることさえあります。家を建てるときには面積と屋根の比重が非常に大きなコストを占めます。広大な土地を要する平屋は2階建より費用がかかっても不思議ではありません。

ただし、階段や絶対的な資材の量は削減できます。また、メンテナンスがDIYで行える平屋も多いので維持費はかかりにくいともいえます。建てたときにはコストがかさんだ平屋も、長く住んでいるうちに2階建よりもお得になることも十分にありえます。

 

子どもとのコミュニケーションがとりやすい平屋

2階建住宅は家族の生活習慣がバラバラになってしまう可能性があります。それぞれのスペースが離れがちになるので、食事のときくらいしか家族が顔を合わさない家庭も少なくありません。ある程度の年齢を重ね、独立心が芽生えた家族ならともかく、幼い子どもとの時間は大切にしたいところです。
平屋だとスペースが平面的につながっているので、家族が空間を共有する頻度が高くなります。リビングなど家族団らんの中心を設定しやすく、子どもとのコミュニケーションも増えるでしょう。幼い子どもがいる家庭では、常に子供の安全を見守りながら暮らせるのも大きなポイントです。

 

注文住宅で平屋を建てる際のポイント

注文住宅で平屋を依頼する際には間取りを重点的に考えましょう。2階建と違い、平屋の間取りは「引き算」の発想です。部屋同士をつなげるのに「通路」「廊下」という概念がなくなります。たとえば、壁や扉を取っ払ってしまった方が解放感を得られることもあるでしょう。

また、削れるものは削るようにするのがコツです。平屋はスペースを細かく分けすぎると、2階建よりも窮屈になるうえ、メリットだったはずの通気性にも影響が出ます。「玄関はこんなに広くていいのか」「物置は本当に必要なのか」と必要なスペースを最小限に絞りましょう。少ない部屋を広く使うようになると平屋の良さが目立ってきます。

 

【間取りプラン付き】ユニバーサルホームの平屋

フラットワン

平屋_フラットワン

 

フラットワンは広々とした開放的な暮らしの中、家族のライフスタイルを考えて無駄のない生活動線を確保します。暮らしをもっと軽やかに、もっと快適にするための、さまざまな機能性と工夫にあふれています。

詳しいデザインや間取りについてはこちら

 

フラットワン(JP/PR)

平屋_フラットワンJP/PR

 

フラットワン(JP/PR)はテラス空間を贅沢に設けた家がコンセプトです。毎日の暮らしを軽やかに、より快適なものにするワンフロア住まいをご提案します。

詳しいデザインや間取りについてはこちら

 

アルファヴィータ

平屋_アルファヴィータ

 

アルファヴィータは“平屋の快適さ”に“フレキシブルな+α空間”が加わった、「目がとどく」、「自然につながる」、「広がる空間」で、家族の一体感を大切にする住まいです。

詳しいデザインや間取りについてはこちら

 

平屋の建築実例

建築実例 1.照明にこだわった西海岸風のおうち

平屋の建築実例1

米軍ハウスの雰囲気を取り入れたカッコイイお家です。木のぬくもりをベースに大好きなグリーンやネイビーをアクセントに、また照明にもこだわりお洒落で居心地の良い 空間になりました。

詳細情報:平屋の建築実例「照明にこだわった西海岸風のおうち」

建築実例2.音楽室のある家

平屋の建築実例2

広々した空間に家事動線と利便性を重視したお住まい。抜群の防音性能を持たせた音楽室で趣味のドラムも楽しめるお住まいが完成しました。

詳細情報:平屋の建築実例「音楽室のある家」

建築実例3.緩やかにつながる開放的な平屋

建築実例3

あえて仕切りをつけない間取りが家族がどこにいても緩やかに存在を感じられる開放的な空間に仕上がりました。

詳細情報:平屋の建築実例「緩やかにつながる開放的な平屋」

 

平屋に住みたい

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    2
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  3. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    3
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  4. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    4
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  5. タイプごとに予算が変わる!?二世帯住宅の価格相場は?
    5
    タイプごとに予算が変わる!?二世帯住宅の…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ