イエばな

後悔しない注文住宅を建てるために!注文住宅のメリットとデメリットを知ろう

憧れのマイホームについて考えるなら、注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。注文住宅なら、自分が理想とする住まいを手に入れることができます。この記事では、注文住宅のメリット・デメリット、注文住宅と建売住宅の違いなどについて解説します。

注文住宅ってなんのこと?

マイホームについて色々と調べている人なら、一度くらいは「注文住宅」という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。注文住宅とは、分かりやすく述べると「オーダーメイドの住宅」といえるでしょう。注文住宅は設計・デザインに関する自由度が高いため、「こだわりの家づくりをしたい」「キッチンスペースは広く設けたい」「ダイニングは明るい空間にしたい」などという希望や要望も思い通りに実現することができます。住み手のあらゆる希望に応えることができるのが注文住宅の強みです。

 

建売住宅と注文住宅の違いについて

新築の一戸建てを建てるときには、建売住宅と注文住宅の違いについて知っておきましょう。

まず、建売住宅はすでに家が完成している、もしくは完成直前の家を購入するため、住宅の価格があらかじめ決定していることが特徴です。建売住宅の購入に関しては、購入金額に応じた返済計画を立てて住宅ローン会社を探していくことがポイントです。

 

一方、注文住宅とは住宅会社や工務店、設計事務所などに建築を依頼して、一から家を建てていきます。更地に新たに住宅を建てるため自由度が高く、住み手の要望を反映しやすいことが特徴です。住宅の価格に関しては、予算に応じて決定します。

 

注文住宅のメリット

注文住宅は、更地に一から住宅を建てていくため、外観や内観のデザインはもちろんのこと、設備に関しても自分の意志で決定することができます。特に、間取りやデザインに強いこだわりがあるのであれば、注文住宅では理想の住まいを建てることができるのが最大のメリットといえるでしょう。

住宅にまつわる知識を持っていなくても、住宅会社や工務店などがしっかりと相談に乗ってくれるため大きな心配をする必要はありません。注文住宅は打ち合わせを重ねるごとに住宅の細部まで徐々に決まっていくため、満足のいく家づくりができます。

また、注文住宅では建材資材も予算に応じてある程度は自由に選ぶことができます。こだわりたい部分の建材資材にはとことんこだわって理想の家を実現できるという点は、注文住宅のメリットのひとつです。予算の配分を知識のない者が行うのは難しいため、打ち合わせで担当者に相談することをおすすめします。

 

注文住宅のデメリット

自由に設計できる点が魅力の注文住宅ですが、実はデメリットもあります。注文住宅には住まい手の意思を反映できる自由な部分が多いため、打ち合わせにも時間がかかります。このことから、入居期間までにはある程度の時間を要する点がデメリットととらえられます。

また、設備や建築資材などにもこだわれるため、予算をオーバーしてしまう可能性も十分に考えられます。打ち合わせを重ねる段階で、予算に見合った家づくりができているかという点を確認しておく必要があるでしょう。

 

長くお付き合いをすることになる住宅会社は慎重に選ぼう

注文住宅を建てる場合には住宅会社の選び方にも注意が必要です。

選び方のポイントは、複数の会社を比較することです。1社だけに絞ってしまうと良い点や悪い点が見えなくなってしまいます。また、住宅会社のノウハウの高さなどを判断するポイントとしてスタッフの対応を注意して見ることも有効です。どんな家にしたいかといった要望をただ聞くだけのスタッフではなく、的確なアドバイスができるスタッフを擁する会社は、しっかりしたノウハウを持っていると言えるでしょう。

 

さらに、資金計画に関するアドバイスもしてくれる住宅会社はサポート体制がしっかりしていると判断できます。家づくりにおいて資金繰りは重要な要素です。初めて住宅を建てる場合はアドバイザーがいたほうが心強いでしょう。複数会社を比較する点と住宅建築に関するアドバイスや資金繰りのアドバイスの有無などをポイントにして住宅会社を選びましょう。

 

自分の希望の注文住宅を正確に伝えるための注意点

建てたい住宅のイメージの伝え方も大切です。オリジナルの家を作ることになりますので、建てたい家のイメージや希望を明確に注文住宅会社に伝えることが必要になります。伝える場合の注意点は、より具体的にイメージを伝えることです。抽象的な表現を使って口頭で伝えるだけでなく、住宅雑誌に載っている写真や自ら描いた簡単なデザインスケッチ、SNSで見つけたお気に入りの写真などを使って伝えることによって「イメージが正しく伝わらなかった」という失敗を避けることができるでしょう。

 

また、住宅会社に正しくイメージや希望が伝わったかどうかを確認するためにも、完成予想図であるパースを起こしてもらうことをおすすめします。パースを起こせばお互いのイメージにずれがないことが、より明確に確認できます。

 

理想の注文住宅実現のためには打ち合わせが重要!

希望通りの注文住宅を建てるためには、依頼する施主と依頼される住宅会社のあいだで「こんな家を建てる」という情報が共有されている必要があります。それを実現するためにはしっかりと打ち合わせを行うことが重要です。打ち合わせで上手く情報交換と共有ができなかったことが原因で、家づくりに失敗したりトラブルになったりするケースもあります。

 

自分が主役になって家を建てていくという自覚を持ち、積極的に打ち合わせに参加することが大切です。契約をした段階で、打ち合わせの回数やスケジュール、内容などについて詳しく確認しておくことをおすすめします。

 

後日のトラブルを避けるためにも記録を残そう

口頭での打ち合わせや電話での会話は、時間が経つと忘れてしまったり記憶があやふやになってしまったりするものです。そのため、打ち合わせなどの内容は必ず記録として残しておく必要があります。住宅会社側に打ち合わせの議事録を作成してもらい、内容を確認のうえで施主が承認印を押すように、最初の段階でお願いしておくとよいでしょう。

 

また、自分で記録を残す際には、住宅会社に記録を取る旨を伝えておく必要があります。打ち合わせ内容をボイスレコーダーで記録する方法はありますが、あとで必要な情報を探すことが難しいため、紙にメモを取る方法がおすすめです。

 

まずはモデルハウスを見学してみよう

理想のマイホームを実現するには、まずはイメージを膨らませることが大切です。実際に建てられたモデルハウスを見学することで、より具体的に完成像を想像することができます。

ぜひお近くのユニバーサルホームにも足をのばしてみてください。

 

 

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    2
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  3. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    3
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  4. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    4
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  5. タイプごとに予算が変わる!?二世帯住宅の価格相場は?
    5
    タイプごとに予算が変わる!?二世帯住宅の…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ