広島県で家を建てる!三原市の住みやすさはどんなところ?

一戸建てを新築する場合、周囲の環境や利便性に関する事前のリサーチは不可欠です。特に子どもがいる場合は、医療面も気になるでしょう。広島県で家を建てる場合には、日常生活の利便性がよく、地域医療も充実している三原市を検討してみてはいかがでしょうか。このコラムでは、三原市の住みやすさについて解説していきます。

車で移動するのに便利な街

買い物をしたり、家族を送り迎えしたりするのに、車があると便利です。しかし車を利用することによって、駐車場代が気になるという人もいるのではないでしょうか。三原市には、無料の駐車場が完備されているところが多くあります。たとえば、三原駅周辺にある大手スーパーマーケットには、収容台数1200台の大型立体駐車場があり、買い物客であれば無料で駐車できます。

また、三原駅には新幹線の利用客であれば、3日間まで無料で使える駐車場があります。このほか有料駐車場であっても、設定料金が低めになっているところがほとんどで、三原駅周辺では24時間600円で利用できるところもあります。さらに三原市では道路整備も進んでおり、渋滞の心配もないため、普段の買い物はもちろん、通勤や通学に車を利用するのにも快適です。

日常の買い物は近場で済む

三原市の人口は10万人ほどですが、人口規模に対してスーパーマーケットの数は多めです。食料品中心のスーパーマーケットから、大型のショッピングセンター、さらに業務用食品スーパーまで種類豊富で、朝の9時から夜の21時まで営業しているところがほとんどです。選択肢が豊富にあり、仕事帰りでも立ち寄ることができるため、日常のお買い物には困りません。またドラッグストアも多くあり、近場で生活用品が揃いやすいでしょう。ほとんどの店舗には駐車場が完備されており、敷地の広いところが多いため、運転が苦手という人でも、三原市であれば車で買い物に行きやすいでしょう。

医療施設も充実

気を付けていても、突然ケガをしたり病気になったりすることはあります。また年齢を重ねるうちに、医療機関を利用する頻度は高まるでしょう。医療設備の充実面は、生活の拠点を構えるうえでは重要な点です。三原市には、個人が経営する小規模の病院や診療所が多くあります。近所でちょっとしたことでも相談できる、かかりつけ医を見つけやすい環境だといえるでしょう。

もちろん三原市の中心部には、三原赤十字病院や興生総合病院といった地域の中枢的な総合病院もあり、個人医院や診療所とも連携が取られています。たとえば紹介患者の受付をはじめ、在宅医療を受けている場合の緊急時の医療確保の窓口など、バックアップ体制がきちんと整っています。市内に小児科も多くあるため、小さい子どもがいる家庭でも安心して暮らせるでしょう。人口に対して医療機関が豊富にあるため、少ない待ち時間で済む場合が多いのも大きなメリットです。医療面においても、三原市は家族で安心して長く生活できる地域だといえます。

市内の住宅購入に対する支援

ライフステージのどこかの段階では、マイホームを建てたいと考えている人も多いのではないでしょうか。三原市では、新たに家を建てる際に、「三原市ファーストマイホーム応援事業」から、住宅購入資金のサポートが受けられる場合があります。

対象となるのは、次の3つの世帯です。まず1つ目が、「40歳未満の夫婦世帯、または15歳未満の子がいる世帯」、2つ目が、「移住世帯で、交付申請時に全員が1年以上市外に在住している世帯」、3つ目が、「市が指定する分譲地を購入して住宅を新築することを検討している世帯」です。限度額を100万円として補助が受けられますが、移住世帯と定住世帯では条件が異なります。また家族構成などによっても、補助金額は変わってきます。興味がある場合は、担当窓口である三原市経営企画部地域企画課に相談してみるといいでしょう。また利用する場合は、建築や売買を行う前に申請する必要があります。

移住希望ならお試し滞在の補助が出る

ネットで得た情報から、その街の利便性や雰囲気に憧れを抱いたとしても、なかなか実際に移住する勇気が出ないということはよくあります。しかし三原市の場合であれば、移住のハードルを下げてくれるお試し滞在が可能です。「三原市お試し暮らし滞在費補助事業」は、三原市内への移住を希望する人が、三原市に住みながら仕事や住む場所を探すための宿泊費用の一部を負担してくれる事業です。申請時点で、1年以上県外に在住している人が対象となり、1世帯あたり4人まで、1年度の限度額を1人あたり2万円までとして補助が受けられます。4家族の場合でも、家族全員で試しに滞在したうえで、全員の意見を交換し合いながら移住について検討できるでしょう。

海や山がどれだけ近いのか、公園の多さや駅や学校までのアクセスなど、生活するうえで気になることをすべて自分で確かめられるので安心です。実際に三原市の雰囲気を体感し、生活のシミュレーションを行ったうえでの判断であれば、住む前と後で大きなギャップを抱くことは少ないでしょう。三原市への移住を検討している場合は、利用してみる価値のある制度だといえるのではないでしょうか。

地価が安く家を建てやすい

三原市は住みやすいポイントをたくさん持っていながら、広島県内では比較的地価が安い地域です。国土交通省の調べによると、平成30年時点で三原市の時価公示価格は、1平方メートルあたり平均5.2万円であり、広島県の市町村ランキングにおいては、全27中の17位となります。坪単価は平均17.2万円です。地価が安ければその分、広い土地を手に入れやすくなります。

広い土地があれば、建売住宅ではなく注文住宅にするという選択肢も生まれやすくなります。販売価格が決まっている建売住宅と違って、注文住宅の場合は依頼主の予算に応じて建築費もフレキシブルです。内装の質感をワンランク上げたり、オプションに予算を回したり、ということもできます。さらに、家族構成に合わせて部屋の間取りを変えることや、好みに合わせて螺旋階段にアレンジすることも可能であるため、よりオリジナリティーの高い家を建てやすいでしょう。家の快適性は、生活の質や満足度にも大きく影響します。自分の希望の詰まった家であれば愛着も沸きやすく、長く快適に住めるでしょう。

長く住み続けられる土地に家を建てよう

家族で暮らすとなると、10年や20年といった長さで同じ場所に住むということも十分あり得ます。海や山など自然に囲まれた三原市は、日常生活の利便性、医療面、経済面において住みやすい街だといえます。何よりも、三原市自体が移住者の受け入れに積極的であるため、補助金や支援を受けながら移住を検討できるのは、大きなメリットです。長く住み続けられる土地を見つけ、自分の好みに合った家を三原市に建ててみてはいかがでしょうか。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ