土地選びで失敗しないためのポイントとは?

住宅を建てようとする際、建物と同じくらい大切なのが土地選びです。さまざまな条件から最適な土地を選ぶためには、まず正確な情報を収集するということが欠かせません。ここでは、土地選びで失敗しないためのポイントについて解説します。自分の理想に合った土地を選んで、まずは家づくりの下地を整えましょう。

 

予算・安全性・利便性…厳選したい失敗しないためのポイントはたくさん!

家づくりを始めるにあたっては、さまざまな条件を考えて土地選びを進めていくことになるでしょう。購入する土地にかけられる予算や、駅からの距離などの利便性や周辺環境、土壌の具合などの土地の安全性など、どれも快適なマイホームを手に入れるためには欠かせない条件になります。ただ、こうした条件をすべて追い求めてしまうと、考えがまとまらずに家づくりもなかなか進まないことになります。土地選びを進める際は、希望条件に優先順位を考えておくことが大切です。たとえば、土地購入を考える際は、最寄り駅までの距離や商業施設の有無、医療機関や教育機関、また周辺の交通状況などを総合的に考える必要があります。これらの条件はどれも大切ですが、自分にとって何が譲れないポイントになるのか考えておくと土地選びをスムーズに進めることができます。土地は購入した後に買い替えを行えるものではありません。それだけに、後悔のない土地探しができるよう、譲れないポイントをしっかりチェックしておくようにしましょう。

 

土地選びの際に知っておきたい専門知識

土地選びを進めるうえでは、土地の販売図面を見ながら購入を検討することになるでしょう。しかし、このとき土地についての専門知識が乏しいと、販売図面を見誤ってしまうこともあるため注意が必要です。たとえば、土地の販売図面にはその土地の概要が記載されています。そこには、建ぺい率という項目がありますが、建ぺい率とは土地に占める建物の割合を示す数字です。たとえば、建ぺい率40%の土地というのは、100平米の土地であれば、40平米というスペースにしか建物を建てることができません。せっかく広い土地を購入しても、建ぺい率が低ければ小さな家しか建てられないということになります。このように、土地選びにおいては、わかりにくい専門用語をしっかり理解しておくことが大切です。土地選びで失敗しないためにも、こうした専門知識をきちんと身に着けておきましょう。

 

失敗しないためには土地だけでなく人を知ることも重要!

土地選びをする際は、まず土地そのものを見ていくことになるでしょう。土地の地形を見たり、安全性を考えることは土地選びで重要な項目です。しかし、土地ばかりを見ていると、思わぬところで足をすくわれることも考えられます。その土地に住むということは、周辺の住人と近所関係になるということです。土地を下見に行くときに、土地だけを見るのではなく、近所へ挨拶などに出向いて周辺にどんな人が住んでいるかしっかりとチェックしておいてください。近所に変な人が住んでいると、土地の購入後に思わぬトラブルに巻き込まれることもあるかもしれません。また、近隣の住人に話を伺うことは、日当たりなど実際に住んでいる人の生の情報を聞くことにもつながります。こうした情報は土地探しそのものにも有益になってくれるはずです。

 

土地の上手な活用法は住宅会社に相談しよう

土地には住宅を建てて住むだけでなく、それ以外にもさまざまな活用法があります。住宅用地として購入し、実際に建物を建築した土地であっても、いずれは別の目的で活用するということもあるかもしれません。購入した後も土地を上手に活用するなら、まずは住宅会社に相談してみてはいかがでしょうか。土地の活用は売却や等価交換など、素人にはわからない部分も少なくありません。将来にわたって土地を有効に活用するためにも、専門家の指導を仰ぎながら失敗しない土地探しをしていきましょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    3
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  4. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    4
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  5. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    5
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ