土地購入、住宅発注までの流れを把握しよう!

一生のうち何度もマイホームを購入する人はあまり多くありません。これから注文住宅を建てようとする場合、細かい流れがわからず戸惑うこともあるでしょう。ここでは土地購入から住宅会社に請負契約を依頼するまでの流れをご紹介いたします。

しっかりした土地購入の計画が成功のカギ!

やみくもに土地を探し始めても、良い条件の土地を見つけることは難しいでしょう。まず建てたい住宅をイメージし、「予算」「譲れない条件」「妥協できるができれば満たしたい条件」など土地探しの骨格となる部分を書き出していきます。このとき、建築に必要な法律知識もなるべく勉強しておきましょう。実際に土地探しを始めたら、良いと思った物件については実際に足を運んで、地盤調査を含めて土地の状態を確認しましょう。昼と夜では様子が変わって見えることがあるので、失敗しないためには時間帯を変えて2回以上現地に行くことがおすすめです。自分の目で見て納得できる土地を見つけたら、契約を結んで購入へと至ります。

土地購入から住宅発注までの資金計画はどう立てればいいの?

気に入った土地を見つけたなら、具体的な資金計画を立てていきます。資金計画を立てるうえで大切なポイントは、「返済額」「返済期間」「金利タイプ」の3つです。
一般的に30年前後の住宅ローンを組む方が多いですが、将来もきちんと返せるかを考えて返済額を決めましょう。定年までに返済を終えられるのが理想的ですが、月々の返済額が高くなりすぎてしまうと生活が圧迫されてしまいます。家計簿をつけている方はその内容を参考に、つけていない方は現在の家賃を参考に返済額を決めてください。変動金利や固定金利などによっても返済額は異なりますので、金利タイプのメリット・デメリットを把握してから選ぶことをおすすめします。

大忙し!?土地探しと並行して住宅の計画も

注文住宅を建てるためには、土地探しと並行してどのような住宅にするかも考えなければなりません。こちらも土地探しと同様、譲れない条件やできれば満たしたい条件を書き出して整理していきます。注文住宅の工期を短くしたいならば、生産から施工にいたるまでシステム化しているハウスメーカや住宅フランチャイズがおすすめです。土地探しから支援してくれる住宅会社なら、その後の家づくりでも心強い味方となってくれるでしょう。
また、住宅発注費用と土地購入費用を合わせた金額がわからないと、具体的な資金計画を立てることはできません。このため、概算見積もりはなるべく早い段階で提示してもらった方が良いでしょう。

土地購入、住宅発注で失敗しない打ち合わせのコツ

注文住宅の発注が初めてとなると、打ち合わせの際に担当者へ任せきりになってしまいがちです。知識や経験が少ないと、どうしても受け身になってしまうこともあるでしょう。しかし、こだわりがあるならしっかりと要望を伝える必要があります。場合によっては金額が予想以上に高くなってしまい、いくつか妥協しなければならない点も出てくるかもしれません。それでも1つ1つの要望はしっかりと伝えて、納得して家づくりを進めることが大切です。伝わるか不安な場合は、簡単な絵を描いてイメージを伝えるという手もあります。追加料金の有無や、提案に対するメリット・デメリットなどを質問してみると、お互いのニュアンスの違いを埋めることができ失敗する可能性が下がるでしょう。

20年後も「この家でよかった」と思えるようにするために土地購入の計画からしっかり考えよう

住宅は1度建ててしまうと、費用や時間などの問題が生じてしまい容易には変更ができません。理想のマイホームを手に入れるためには、計画段階からしっかりと完成図や流れをイメージすることが大切となります。土地探しから打ち合わせ、施工まで疑問点はうやむやにせず、その都度担当者へ確認することをおすすめします。20年後にも「この家でよかった」と感じられる家を目指して、根気強く臨んでください。

 

RANKING 人気記事ランキング

  1. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    1
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 家具やインテリアの配置次第でオシャレに!6畳部屋におすすめのレイアウト!
    3
    家具やインテリアの配置次第でオシャレに!…
  4. 収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも、寝室のクローゼットも、子供部屋もいつもスッキリ!
    4
    収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも…
  5. 床暖房でガス代を節約する方法を教えます!
    5
    床暖房でガス代を節約する方法を教えます!

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ