意外と知らない?土地探し・土地購入のコツ

生活していくうえで基盤となる住宅・土地といった不動産。一度購入したら数年間、数十年間は住む可能性が高いので、慎重に選びたいところです。そこで、失敗してしまわないように、チラシの見方、現地調査のコツ、不動産業者の選び方についてご説明します。

不動産探しにはチラシが有効!ただし注意すべき場合も…

土地を探しているときには、自然と不動産チラシに目が留まる機会も増えるでしょう。簡単に情報を入手できるため、チラシを集めておき、比較検討することは有効な手段です。ただし、チラシを見るときには、騙されないように注意してください。チラシのような宣伝ツールでは、多くの人の目を集めるため最も大きなメリットと思われるアピールポイントを大きく表示します。一方、デメリットや注意点に関しては小さく掲載します。また、不動産の写真が掲載されている場合でも、写真の撮り方等によって実物と異なるイメージが生み出されている場合があります。虚偽の情報が掲載されていることは少なくても、こうした訴求方法はよくあることなので、騙されないようにしてください。チラシで興味を抱いた物件については不動産会社に問い合わせて、実際にその土地を見に行ってみると良いでしょう。
チラシを見るときには、接しているのが私道なのか公道なのか、その幅員はどれほどかをチェックしましょう。場合によっては、セットバックなどで予想外の出費がかさむことがあります。

土地を購入するなら現地調査は必須!

インターネットが発達した現代においては、家にいながらにして簡単に土地を探せます。しかし、失敗せずに購入するためには実際に現地に足を運ぶことが大切です。雑草や樹木が生い茂っていないか、古家が建っていないかなどをあらかじめ確認しておくことで、より安心して購入できるようになるでしょう。
夜はどの程度暗いのか、道路の込み具合はどの程度か、子どもがいる場合には子どもにとって危険な場所がないかなどを確認した方が良いでしょう。車で行く場合にも、できることならどこかで駐車して、周囲を歩いてみることをオススメします。近くに大きな空き地がある場合には、将来的に大規模施設が建設される予定があるので、その可能性を考慮して検討した方が良いでしょう。

迷ったらプロに頼る!ハウスメーカーに相談してみよう。

「餅は餅屋」「蛇の道は蛇」という言葉があるように、迷ったときはその手のプロへ頼るのもひとつの手です。効率的に土地探し・購入を進めたいなら、専門家である不動産会社やハウスメーカーへの依頼も検討しましょう。希望のエリアや譲れない条件などをあらかじめ絞っておくと、依頼もスムーズに進みます。なお土地が見つかり購入する場合、そこに建てる家はそのハウスメーカーや工務店に依頼することになるでしょう。どんな家が建てられるのか、工法や素材はどうなっているのかをチェックしてから、ハウスメーカーを選ぶと安心です。また、選ぶ際はインターネットやチラシの情報だけで決定せず、実際に担当者と連絡を取り合うことをおすすめします。提案の内容や相性を比較して、自分に合ったハウスメーカーに依頼しましょう。プロの力を上手に借りれば、土地探し・購入の強い味方となるはずです。

土地探しは知識量が勝負!無料セミナーも利用しよう

初めての土地探し・土地購入ですと、よくわからない点も多いことでしょう。家づくりに関する無料セミナーなどを利用して不動産や土地探しに関する知識を増やすことも有効な手段です。しっかりと自身で情報収集を行って、満足のいく不動産売買を行ってください。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    1
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 家具やインテリアの配置次第でオシャレに!6畳部屋におすすめのレイアウト!
    3
    家具やインテリアの配置次第でオシャレに!…
  4. 収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも、寝室のクローゼットも、子供部屋もいつもスッキリ!
    4
    収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも…
  5. 床暖房でガス代を節約する方法を教えます!
    5
    床暖房でガス代を節約する方法を教えます!

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ