注文住宅にするなら低金利フラット35sがおすすめの理由

夢を抱いてマイホームを建てたあと、現実は長期間住宅ローンを支払う生活が続きます。金利だけでもできるだけ減らすことができれば、日常生活の負担を少なくすることもできるでしょう。注文住宅を建てるときに利用できる低金利住宅ローンがフラット35sです。そこで、フラット35sのおすすめポイントについて紹介します。

 

フラット35sとはどんなもの?

金利にも注目住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携し、全期間固定金利で提供している住宅ローンがフラット35です。返済期間を通して金利の変動を気にする必要がないため、経済的な計画を立てやすいというメリットがあります。そのフラット35を利用する際、耐震性や省エネルギー性、バリアフリーなどの分野で質の高い住宅を建設すると、さらに一定期間金利が引き下げられるという制度がフラット35sです。フラット35sには2つのプランがあり、金利Aプランでは当初10年間、金利Bプランでは5年間、年0.25%金利が引き下げられます。

 

フラット35sを利用するメリットとは?

阪神淡路大震災や東日本大震災など大きな地震が起こり、南海トラフ地震の懸念もある昨今、耐震性に優れた家を建てたいと考えている人は多いことでしょう。耐震性の高い住宅を建設することで地震保険が割引になることもあります。また、省エネルギー性の高い家ならば過ごしやすく、光熱費の削減にもつながります。さらに、耐久性の高い建物ならば長持ちするのはもちろん、バリアフリー性に優れた住宅やリフォームしやすい可変性のある住宅を建てると、将来的にも使いやすさがあるはずです。

そんな質の高い住宅を建てる計画を立てているのなら、フラット35sの適用を受けることができます。通常のフラット35はもともと長期間固定金利の住宅ローンとして将来金利が上昇するかもしれないリスクを気にしないで済むメリットがあります。また、保証料が無料のほか、繰り上げ返済時の手数料も無料であるため、将来まとまった金額が準備できれば繰り上げ返済をするときも費用を抑えることが可能です。フラット35sはそんなフラット35のメリットを受けながら、さらに金利の引き下げが可能になります。

 

どんなプランがあるのかを知ろう

フラット35には2種類のプランがあり、そのうちの1つ、金利Aプランでは当初10年間通常のフラット35よりさらに金利が0.25%引き下げられます。また、金利Bプランでの金利引き下げ期間は当初5年間です。フラット35sの適用を受けるためには質の高い住宅であることが条件で、省エネルギー性やバリアフリー性、耐震性、耐久性・可変性の4分野で基準を満たしていなければなりません。なお、基準の条件は金利Aプランと金利Bプランでそれぞれ異なります。また、新築住宅だけではなく、中古住宅の場合も新築住宅・中古住宅共通の基準か中古タイプ基準の条件を満たしていればフラット35sの適用を受けて住宅ローンを組むことが可能です。

 

フラット35sの審査に通るためには

フラット35sの審査に通るためには、他の住宅ローンと同様に借入額が返済能力に見合っているかどうかが大切なポイントの1つです。最長35年という長期住宅ローンであるため、融資する側の銀行にとっても、返済を滞らせることなく、最後まできちんと回収できる見込みがなければ審査を通してくれない可能性があります。そのため、ある程度収入面で審査に通る基準を満たしている必要があります。フラット35sを含め、フラット35で借り入れを行おうとする場合、年間の返済額合計の割合が年収400万円未満の場合は30%以下、年収400万円以上の場合は35%以下の範囲でなければなりません。

なお、年間の返済額合計はこれから借り入れをしようとする住宅ローンの分だけではなく、カードローンや自動車ローンなど他の借り入れがあればその分も含むすべての借入額です。そのため、いくら理想の家を建てたいと思っていても、支払い能力に見合った金額でなければ審査には通らないということを心に留めて計画を立てる必要があります。

 

フラット35sを利用する上での注意点

フラット35sの場合はどんな家でもいいわけではなく、質の高い住宅であることがポイントです。そのため、建てようとする住宅は第三者機関による検査を受けることになります。その際、省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性という4分野の住宅性能で定められた技術基準を満たしている必要があるのです。4つの分野でいくつか金利Aプラン、金利Bプランの適用を受けるのに必要とされる基準が定められていますが、いずれか1つの基準をきちんと満たす住宅であることが大切です。その点は厳密に審査されるため、建物の審査基準を通るかどうかもフラット35sを利用するうえで注意しておくべきポイントになります。

 

低金利のフラット35sで注文住宅を建てよう

低金利で返済期間の最後まで金利変動の影響を受けないことがフラット35シリーズのメリットです。そして、フラット35sの適用を受けることができれば、さらに、金利が安くなるというのも魅力です。マイホームの計画にさまざまな夢を抱き、計画を立てている人も多いことでしょう。その計画の中で耐震性や省エネルギー性、耐久性、バリアフリー性などに優れた質の高い住宅を建てようと考えているなら、フラット35sはメリットの大きい住宅ローンです。

マイホーム計画を実現するひとつの選択肢として、フラット35sの利用も考えてみてはいかがでしょうか。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ