住宅展示場の見学に予約は必要?モデルハウスを見るときのポイントや注意点を解説!

マイホームの購入を考えたときに、訪れる人も多いのが「住宅展示場」です。しかし、初めて住宅展示場に出かける場合、どのような流れで見学をするのか分からず、不安を抱く人もいるでしょう。人生のなかでも大きな買い物となる、マイホーム購入を失敗しないためにも、きちんと見学の流れを押さえておきましょう。ここでは、住宅展示場を見学する際のポイントや、注意点について解説します。

住宅展示場って何ができるところ?

住宅展示場とは、各住宅会社が一定の区画にモデルハウスを建てており、それぞれを効率的に比較できるスポットです。インターネットやパンフレットを見ただけでは分からない、実際の住宅の概観の種類や間取りの種類を確認できることが大きな魅力です。また、さまざまなインテリアの種類や最新設備の種類についても自分の目で確認できるため、これからマイホームを建てようと考えている人にとって、有益な情報を多く得られる場所といえるでしょう。ただ、住宅展示場に出かける際は、事前にある程度見学に行く住宅会社を絞り込んでおくことがおすすめです。いきなり現地に出かけてしまうと、どこを見学すればいいのか悩んでしまったり、あちこち歩き回ったりして時間を効率的に使えなくなるリスクが高まります。事前に気になる住宅会社をピックアップしておくことで、スムーズに見学を行うことができます。

住宅展示場のモデルハウス見学の一般的な流れ

住宅展示場でモデルハウスを見学する際の一般的な流れは、まず受付用紙に記入を行い、担当者から物件の概要や間取りなどの説明を受けます。また、見学をする際の注意点について説明があった場合は、しっかりと耳を傾けておきましょう。それから、モデルハウス内の見学を行い、担当者から現時点での住宅購入に関する意思や、いつまでにマイホームを建てたいのかという入居時期についての確認が行われます。その後、どのような間取りと設備ならおおよそいくらぐらい費用がかかるのか、という具合で支払いシミュレーションを行うことが一般的な流れです。ただ、この流れはあくまでも一般的なものであり、住宅展示場によって異なる場合があります。もしも見学の流れについて不安なことや不明点がある場合には、事前に電話などで問い合わせを行い、確認をしておくと安心です。

住宅展示場でモデルハウス見学時のチェックポイントとは?

モデルハウスの見学をする際は、どのようなポイントに注目すべきかを事前に頭に入れておくことで、効率的に情報収集を行えます。まず意識すべきポイントは、目に付きにくい場所もくまなくチェックしておくということです。ドアや窓は実際に開け閉めを行い、使い勝手を確認しましょう。浴室やクローゼットの扉なども、確認しておきたいポイントです。実際に触れてみることで、開け閉めが行いにくかったり力が必要だったりと、意外な発見があるかもしれません。また、洗面台やキッチンはもちろん、照明のスイッチの場所のように細かい部分までしっかりとチェックしておくことがおすすめです。実際に自分が生活をしているようなイメージを持って見学をすると、生活動線や使い勝手を冷静な視点で判断しやすくなるでしょう。それに加えて、モデルハウス内の撮影が可能であれば、気になる部分を写真に撮っておくことがおすすめです。写真に撮って記録を残しておくことで、他のモデルハウスと比較したいときに役立ちます。また、マイホームは高い買い物になるからこそ、慎重に各住宅会社の情報を集めて、強みやいいところを理解しておくことが肝心です。きちんと住宅会社ごとの強みやメリットを比較することで、後悔のない選択をしやすくなるでしょう。それから、見学時に意識しておきたいのが、住宅展示場にあるモデルハウスはハイグレード仕様の住宅になっているケースが多いという点です。豪華な設備は魅力的ではありますが、すべてを取り入れようとすると予算オーバーになってしまう場合があります。冷静に自分の予算と比べながら見学を行うことが重要です。

 

住宅展示場を見学する時に予約は必要?スムーズに見学をするためには

いざ住宅展示場に出かけようとする際に、疑問に思う人も多いのが「見学予約は必要か」という問題ではないでしょうか。モデルハウスは完全予約制の場合を除き、基本的には予約がなくとも見学ができるケースが多い傾向です。ただし、見学希望者が多かったり担当者の手が空いていなかったりする場合は、せっかく足を運んでも見学ができないという可能性もあります。もしも見学を希望するモデルハウスが人気だったり、無駄足を踏みたくなかったりする場合は、事前に見学予約をしておくと安心です。それに、事前に予約をすることで得られるメリットも多くあります。例えば、予約をすると住宅会社の担当者の案内を受けられたり、相談ができたりして内容が濃くなることでしょう。まだ住宅を購入する段階ではなくても親身に話を聞いてくれる場合が多く、自分だけでは調べにくい情報や返済計画などの相談をスムーズに行えます。それに、見学希望時間を伝えておくことで、担当者が時間の調整を行ってくれるため、自分のスケジュールに合わせて行動がしやすいというメリットもあります。このように、より多くの情報を得やすくなったり、時間を有効活用しやすくなったりするため、見学の際はあらかじめ予約を入れておくことがおすすめです。

住宅以外で押さえておきたい注意点とは?

モデルハウスの見学を行う際には、住宅以外にも注意を向けておくべきポイントがあります。特に注意して見ておきたいのが、「営業マンの態度」です。もしもセールストークばかりしたり売ることに必死な様子がうかがえたりする場合は、その家の購入をすぐ決断することは避けた方が無難です。住宅購入は自分たちの理想や予算のバランスをきちんと考えたうえで、慎重に決めることが何よりも大切です。営業マンのなかには、オプション無料や値引きなどの魅力的な条件を提示してくる人もいるでしょう。しかし、いくらお得なキャンペーンであったとしても、長期的な視点で考えて購入額が高いようであれば、安易に購入を決めることは避けた方が無難といえます。魅力的な営業トークに惑わされないように、十分注意しましょう。また、モデルハウスに出かける際は、同居家族全員で見学を行うことがおすすめです。家族全員がしっかりと自分の目でモデルハウスの様子を確認しておくことで、自宅に帰ってから意見のすり合わせを行いやすくなります。もしも、メモを取ったり写真を撮影してあったりする場合は、その資料を見ながら情報を整理すると、より具体的に意見交換がしやすくなるでしょう。

見学をしたら?住宅購入を決める前に考えておきたいこと

見学を終えたら購入後のライフプランを綿密に立てて、住宅ローンを返済し続けることができるのかを冷静に考えておきましょう。特にしっかりと考えておきたいのが、住宅ローンを返済している間のライフイベントについてです。例えば子どもがいる家庭の場合は将来かかる学費について、両親が高齢の場合は介護の可能性なども考えておく必要があるでしょう。家族構成をしっかりと念頭に置いたうえで返済プランを練ることが、無理のない住宅購入を実現させるためのポイントです。また、自分にとって理想的な家はどのようなものなのかを、家族できちんと考えることも重要です。いずれ家族が独立して家族構成が変化したときの間取りや段差などの有無は、家を建てる前に考えておくべきポイントといえるでしょう。家の購入方法のなかでも注文住宅の強みは何といっても、このようなライフイベントの変化を十分に考慮したうえで、自分にとって理想的な家づくりをかなえられるという点です。注文住宅なら家族で納得のいくまで意見のすり合わせを行い、満足度の高い家づくりを目指せます。

住宅展示場やモデルハウスの見学で好みを見きわめていこう

住宅展示場やモデルハウスの見学は、インテリアやエクステリアが魅力的に飾られているため、見ているだけで楽しい気分になるものです。五感をフルに使って実際に住宅を見学するからこそ、自分の家づくりの好みをより明確にできます。家は長い期間身を置くことになる場所であるからこそ、家族全員が住みやすいと感じられる空間を目指すことが大切です。注文住宅ならライフステージの変化を見越し、細部にまでこだわったオンリーワンの家を建てることができます。家族全員が笑顔で過ごせる理想のマイホームを、注文住宅で手に入れてみてはいかがでしょうか。

モデルハウス見学のツボとは?

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    2
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  3. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    3
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  4. ベッド下収納って使いやすいの?メリットとデメリット
    4
    ベッド下収納って使いやすいの?メリットと…
  5. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    5
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ