きれいな部屋を実現しよう!クローゼット収納のアイデア

きれいな部屋を実現し、整理整頓された状態を維持するためには、クローゼットを上手く活用することがおすすめです。クローゼット収納をひと工夫すると、部屋が散らかるのを防ぐことができます。今回は、簡単に実践できるクローゼット収納のアイデアについてご紹介します。

 

トピックス一覧

クローゼットの活用方法というのは、人によってさまざまです。「とにかくある物を可能な限り詰め込んでおく」といった人も見受けられますが、そういった意識を持って収納をした場合、クローゼットの整理整頓は困難であると考えられます。クローゼットに上手に物が収納できていないと、結果的に部屋が散らかってしまうといった結果を招いてしまいます。
クローゼットを上手く活用したいと考えるなら、「何をどれくらい収納するか」ということを決めなければなりません。クローゼットには、Tシャツ・セーター・ワンピースなどをはじめとして、スカーフやマフラー、アクセサリー、バッグなどを収納している人がほとんどです。クローゼットのスペースには限りがありますから、クローゼットに収納する物については種類や数を制限する必要があります。現在使っていない衣類などについては処分したり、友人や知人に譲ったりすることも考えましょう。そして、「衣類とファッション小物以外はクローゼットに置かない」などといった自分なりのルールを設けておくと良いでしょう。

 

クローゼットに衣類や小物などを収納すると、デッドスペースがあることに気付かされます。クローゼットにデッドスペースがあると、クローゼットを有効に活用しているとは言えません。
クローゼットの上段には「天袋」と呼ばれるスペースがあります。天袋はクローゼットのなかで最も高い位置にあるため、見落とされがちであり、デッドスペースとなる可能性が高いことが考えられます。また、天袋に物を収納してしまうと、物が高い位置にあるといったことから、「必要な時に物を取り出しにくい」といったことも考えられます。天袋には、使用頻度の低い衣類や小物などを収納すると良いでしょう。
また、ハンガーを用いてコートやワンピースなどの衣類を収納するときには、衣類の丈を揃えて収納すると効率的です。このようにして衣類を収納すると、クローゼットの下段部分に新たな収納スペースが生まれます。

 

衣類や小物類の収納を一通り終えた後、クローゼットにデッドスペースがあったときは、やはり有効に活用することを考えるべきでしょう。ひと工夫することで、デッドスペースを収納スペースに変えることができます。
クローゼットのデッドスペースを、収納スペースとして有効に利用したいなら、突っ張り棒やS字フックなどのアイテムの活用がおすすめです。突っ張り棒はベルトやネクタイなどといった小物をかけて収納するのに役立ちます。また、S字フックを使うと、バッグや帽子などをかけたまま置いておけます。こういった小物類については、クローゼットのなかでも収納する場所をあらかじめ決めておくことがポイントです。小物類については、その都度片付けをするように心がけなければ部屋中に散乱してしまい、きれいな部屋を維持することが難しくなってきます。
また、低コストでクローゼット収納を行う方法として、ストレージボックスやカラーボックスを使った方法がおすすめです。大き過ぎないボックスであれば持ち運びにも便利ですし、片付けが苦手な人であっても整理整頓しやすいといったことが考えられます。
今回紹介したアイデアを組み合わせながらクローゼット収納を行うと、限られたスペースを存分に活用することができるでしょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    3
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  4. 憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費用はどうなっている?
    4
    憧れのマイホーム購入!予算の相場と平均費…
  5. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    5
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ