生活感にサヨナラ!アイランドキッチンのおしゃれ度アップは収納次第!

  

念願のマイホームは、アイランドキッチンにしたいと考えている人も多いことでしょう。おしゃれで憧れる人が多いアイランドキッチンですが、収納におけるデメリットが気になっている人も少なくありません。そこで今回は、デメリットを解決するために知っておきたいアイランドキッチンをおしゃれに見せる収納について紹介していきます。

独立した島!アイランドキッチンの特徴とは?

マイホームを建てるときに、アイランドキッチンにこだわる人が多く見られます。なぜそれほどまでにアイランドキッチンが人気なのかというと、まず見た目がかっこよくておしゃれであることが理由に挙げられるようです。アイランドキッチンの「アイランド」には、「独立した島」という意味があります。かつてのキッチンスタイルはリビングに背を向けるのが一般的でしたが、時代の流れとともにアイランドキッチンのようにリビングが見渡せるオープンキッチンが主流となりました。アイランドキッチンは、シンクやコンロなどの調理台が独立しているので、壁と触れているところがひとつもありません。空間のなかでも島のように独立していることからこのように呼ばれています。
アイランドキッチンが好まれる理由としては、他にも開放的で明るい印象を与えることなどが挙げられます。リビングで過ごす夫や子どもたちを眺めながら料理や食器の片づけができるのは大きなメリットです。当然、会話がしやすいので家族のコミュニケーションも取りやすくなります。「おしゃれ」「開放的」の2つが、アイランドキッチンの大きなメリットといえるでしょう。

アイランドキッチンにも収納面でデメリットがある

見た目が良くて憧れる人が多いアイランドキッチンですが、メリットもあればデメリットも存在します。開放的なアイランドキッチンだからこそのデメリットといえますが、リビングからキッチンが丸見えになってしまうため常に片付いた状態をキープしなければいけません。壁とシンクが離れているということは、そのぶん食器や調理に使うキッチン用具が溜まりやすくなってしまいます。その都度片づけることはもちろん、収納スペースの確保もしっかり考えておくことが大切です。せっかくのおしゃれなアイランドキッチンでも、リビングから見た状態がゴチャゴチャしていては台無しになってしまいます。
注文住宅なら、キッチンスタイルを自分たちの希望で決めることができます。アイランドキッチン・ペニンシュラキッチン・壁面キッチンなど、さまざまなスタイルのなかからニーズに合わせて選べるのが魅力です。アイランドキッチンにする場合は、生活するなかで片づけに悩まなくて済むように収納スペースをしっかり確保しておきましょう。

アイランドキッチンはまず清潔を心がけることが大切

料理の頻度が多ければ掃除のしやすさも考えてキッチンを選ぶ必要があります。アイランドキッチンにする場合、キレイに見せるためには清潔を心がけることが重要です。オープンキッチンは人目につきやすいので、油ハネをそのままにするとキッチンだけでなく床まで不衛生になってしまいます。清潔でおしゃれなキッチンを保つためには、整理整頓と掃除の徹底を意識しましょう。
油ハネを予防するためには、ガラスパネルの取り付けや使い捨てレンジパネルを使用するといった方法もあります。ただし、ガラスパネルについた油ハネはそのままにしておくと白くなって固まるので、丁寧に拭くようにしましょう。お手入れが面倒に感じるのであれば、使い捨てのレンジパネルが重宝します。アイランドキッチンはキッチン周りがオープンなので動線の確保もしやすく便利です。ただし、小さな子どもがいる家庭であれば、油ハネによるやけどやケガに注意する必要があります。

見せる収納でアイランドキッチンをおしゃれに

キッチン用具や生活感が出るものは、すべて片づけてしまえばシンプルで清潔感のあるキッチンにすることができます。とはいえ、頻繁に使うアイテムをすべて収納してしまうと使い勝手が悪くなってしまうものです。使う頻度が高いアイテムは、あえて見せる収納としておしゃれに演出してみましょう。例えば、シンクの上にバーを設置してレストランやバルのようにコップやグラスを吊るして飾ったり、コーヒーメーカーや砂糖を入れた容器をカフェ風に並べたり、アイディア次第でおしゃれに見せることができます。室内の雰囲気に合わせてアイテムのカラーを選べば空間にマッチしたインテリアに早変わりです。ポップな印象の空間であれば、遊び心のあるカラー選びをしても楽しめます。
鍋やフライパンのようにかさばるものでも、メーカーやカラーを統一すれば出したままでもゴチャゴチャした印象を与えることなくキッチンに馴染みます。フックを使って吊るせばインテリアとして楽しめるだけでなく、使い勝手のいい見せる収納を目指すこともできるでしょう。また、調理器具のテイストを合わせたり調味料のボトルをそろえたりといったひと工夫で、キッチンはスッキリと洗練された印象になります。

調理台の下を有効活用しよう!

収納スペースが少ないと思われがちなアイランドキッチンですが、調理台下のスペースが広いタイプを選べばたっぷり収納することができます。調理台の下が引き出しになっているケースであれば、お皿やコップなどの食器類やフォークやナイフといった細々したアイテムをスッキリ収納できるように工夫しましょう。リビング側がガラス張りの収納もあるので、お気に入りの食器やグラスを飾ればインテリアとしても楽しめます。できるだけ生活感を見せずにスッキリ見せたいのであれば、ショーケースタイプの収納は避けたほうが無難です。
壁面に収納を作っておけばキッチン周りに物が溢れることも無くなるので、スペースを考えながら余裕があれば収納を広めに設けておくと良いでしょう。注文住宅であれば、キッチンのサンプルを見ながらニーズに合ったものを選ぶことができます。数多くの住宅建築に携わってきた住宅会社であれば、アイランドキッチンのメリットやデメリットを考慮しつつ丁寧にアドバイスしてもらうことができます。快適に生活できるマイホームを建てるためにも、使い勝手と見た目の良さを兼ね備えたキッチンを選びたいものです。また、住み始めた最初のうちはこまめに整理整頓や掃除をする人がほとんどですが、次第にゴチャゴチャと物が溢れてしまうケースも少なくありません。家族一人ひとりがキッチンを清潔に使うように心がけることが大切です。

憧れのアイランドキッチンは収納もしっかり!

アイランドキッチンはリビングと同じ空間にあるので、小さな子どもの様子を見ながら家事をすることができます。また、夫婦での会話もしやすくコミュニケーションを図りやすいのも魅力です。しかし、実際にアイランドキッチンを取り入れるのであれば、メリットだけでなくデメリットにも目を向ける必要があります。デメリットも理解した上でアイランドキッチンを選んだ場合、実際に使ったときに「こんなはずじゃなかった」と後悔するリスクが少なくなります。せっかく憧れのアイランドキッチンにするなら、満足度の高いキッチンスペースを目指したいものです。そのためには、こまめに掃除や片づけをしなければいけないという面もしっかり理解しておきましょう。
見せる収納をキレイにしつつ雑然として見えるアイテムを目につかない場所に収納できれば、スッキリまとまった空間を保つことができます。収納の仕方にも気を配ることで、キッチンに立つ時間もさらに楽しくなること請け合いです。マイホームを建てるなら、アイランドキッチンの魅力を最大限に引き出せる住宅会社の利用を検討してみましょう。

素敵なキッチンを見学にモデルハウスへ行こう!

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    2
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  3. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    3
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  4. ベッド下収納って使いやすいの?メリットとデメリット
    4
    ベッド下収納って使いやすいの?メリットと…
  5. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    5
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ