小物あふれるテレビ周りをスッキリさせるインテリアとは

テレビは家族がよく集まるリビングなどの空間に置かれることがほとんどです。そのため、テレビの周辺は意識的に片付けをしなければ小物があふれかえってしまい、整理整頓ができていない部屋となってしまいます。今回は、テレビまわりをスッキリさせるインテリアをご紹介します。

 

テレビ周りはごちゃごちゃした配線をきれいにまとめる

テレビ周りの配線がごちゃごちゃしていると「あまり片付けができていない」といった印象を与えがちです。ごちゃごちゃした配線をきれいにまとめただけで、テレビ周りが非常にスッキリとします。たとえばコードが長すぎる場合には、ケーブル収納グッズを利用してみると良いでしょう。くるくると巻くだけの収納グッズはコードをコンパクトにしまうことができ、テレビ周りのスッキリとした雰囲気を実現してくれます。裏側にワイヤーネットやフックを設置すれば、より片付けやすくなるでしょう。また、多くのコードを一気にまとめたいときにはケーブルボックスの利用もおすすめです。ボックスの中に配線を収納するだけなので、片付けの苦手な人でも簡単です。テレビ周りの配線が整理できていないと見た目が悪いだけではなく、ほこりの溜まり場となってしまったり、最悪の場合は火災につながったりするおそれがあります。そういった観点からも、テレビ周りの配線はスッキリと整理整頓しておくことが大切です。

 

ボックス収納を上手に活用しよう

テレビ周りには、さまざまなアイテムが散乱している場合があります。テレビ周りによく置かれているものと言えば、リモコン類・DVD・ゲーム機器といったものが挙げられます。ご家庭によっては、新聞や雑誌が置かれることも多くあるでしょう。こういったアイテムをスッキリと収納するためには、ボックス収納を上手に活用することがおすすめです。布製・プラスチック製・木製とバラエティに富んだボックス収納があるため、住まいの雰囲気に合ったボックス収納を選ぶとインテリアに統一性が出ます。ボックス収納を複数利用するのであれば、素材や色のトーンを統一すると、空間としての完成度が高くなります。また、新聞や雑誌の場合にはサイズが大きいため、ラックなどを利用して整理整頓するとテレビ周りがスッキリとします。ただし新聞や雑誌はついつい溜め込んでしまいがちなため、定期的に処分する習慣を身に付けましょう。

 

テレビ周りは見せると隠すのメリハリをつけよう

テレビ周りをスッキリさせるためには「見せるもの」と「隠すもの」を区別することがポイントです。まず「見せるもの」についてですが、外国の書籍や雑誌はインテリアの一部として活用できる場合があります。そういったものは、ラックや本棚などのインテリアを使用して飾ってみると良いでしょう。色合いやサイズを揃えて飾れば、カフェや洋書店のような雰囲気が出ます。一方で「隠すもの」としてはDVDや使用頻度の低い小物類が挙げられます。こういったアイテムはボックスを使用して分類し、目につかないように収納してしまいましょう。

 

テレビ周りは視線が集まる場所!

インテリアは統一感のあるものを意外に思われるかもしれませんが、テレビ周りは人の視線が集まりやすい場所です。また、テレビ周りがごちゃごちゃしていると、ほこりが溜まりやすいうえに掃除がしづらいといったデメリットもあります。部屋をきれいに保つためにも、テレビ周りはスッキリとさせておくことが大切です。テレビ周りをスッキリさせるためには、さまざまなインテリアを上手に利用して賢く収納するように心がけましょう。インテリアを選ぶときには、素材やカラーなどに統一感を持たせるとごちゃごちゃとした印象はなくなり、スッキリとした空間を作り上げられるでしょう。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    1
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  2. 家具やインテリアの配置次第でオシャレに!6畳部屋におすすめのレイアウト!
    2
    家具やインテリアの配置次第でオシャレに!…
  3. 床暖房でガス代を節約する方法を教えます!
    3
    床暖房でガス代を節約する方法を教えます!
  4. 収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも、寝室のクローゼットも、子供部屋もいつもスッキリ!
    4
    収納上手なおうちって?玄関も、キッチンも…
  5. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    5
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ