工夫次第で広々!2DKのインテリア

2DKというと狭い印象があるかもしれませんが、実は工夫次第で広々と使えるうえに、使い勝手のよい間取りです。ここでは2DKでの暮らしを広く感じられ、誰にでも簡単にできるおしゃれな使い方を紹介します。2DKのメリットとデメリットについてもまとめました。

 

リビングがないことのメリットとデメリット

2DKとは2つの部屋にダイニングキッチンの間取りです。ここにリビングがあれば2LDKになります。2DKはダイニングキッチンがリビングを兼ねるため、少ない家具でレイアウトが完了する点がメリットとして挙げられます。ソファーやローテーブルなどを新たに置くことがないため、空間をすっきり使えます。ダイニングテーブルの選び方を工夫すれば、くつろぐ空間にもなります。しかし、食事する場所とくつろぐ場所が同じということは人によってデメリットになるかもしれません。そんなときには、レイアウトを工夫することで部屋の印象を変えてみましょう。

 

カラーを統一して広さを演出

カラーを統一すれば、空間を広く見せることが可能です。色にはそれぞれに視覚効果があります。白やクリーム、黄色、そしてベージュといった明るい色合いは広がりを感じさせてくれます。これとは対照的に、黒やブラウンなどダークな色合いは空間を引き締めてくれます。色それぞれの効果を考えながら、インテリアをできるだけ同じカラーで統一しましょう。メリハリが欲しい場合には、同系色のアイテムでアクセントをつければ解決できます。たとえば、柄の入ったカーテンやクッションを選ぶだけでも印象が変わるはずです。あまりカラフルにしすぎず、3色程度に抑えたほうがすっきりとまとまりのある空間になります。

 

2DKのインテリアのポイント

2DKではインテリアを工夫するのもポイントです。ダイニング部分をできるだけ広く見せるためには、低めの家具を置くといいでしょう。棚やチェストなどは2~3段程度のものが適しています。高さのある家具は圧迫感が出てしまい、部屋を狭く見せる要因になります。床材も明るめの色がおすすめですが、ダークな色合いの場合には天井や壁材などをできるだけ白などの明るい色にしましょう。天井や壁に明るい色を使っていれば、部屋全体が広く感じられるでしょう。また、明るい色のラグやカーペットを敷くのも有効です。

 

2DKはダイニングを有効活用

2DKはリビングがない分だけ、ダイニングがくつろぎの空間になります。まず、ダイニングテーブルの選び方を考えてみましょう。大きいダイニングテーブルに憧れる人は多いですが、それで部屋が狭くなってしまっては本末転倒です。コンパクトなものや折り畳み式のダイニングテーブルを取り入れれば、部屋も広く使えて満足できるでしょう。またダイニングテーブルにソファータイプの椅子を選ぶことで、リビングの要素を兼ねることができます。クッション性があるため、小さな子どもがいる家庭でも座りやすいのもメリットです。ゆったり座れる奥行きのあるものを選ぶといいでしょう。また夫婦2人暮らしならキッチンを対面式にし、そこに奥行きのあるカウンターを設けるというアイデアもあります。家族のライフスタイルに合わせて工夫することで、ダイニングが素敵な空間になることでしょう。

 

2DKはインテリア次第でお洒落に使える

2DKの場合にはLDKと比較すれば、たしかに間取り自体は狭いものになります。しかし、LDKでも12畳というように比較的狭い場合もあります。DKといわれる間取りは10畳前後が一般的ですが、狭いLDKにするならいっそDKにしたほうが広々と使えるでしょう。来客が多い家なら、カフェのようなインテリアで揃えるのもおしゃれです。キッチン用品や食器はレストランの厨房のように上から吊るすと、見た目も良く場所を取らないうえに作業もしやすくなります。このように2DKの部屋では、少しの工夫によっておしゃれで楽しい空間を生み出すことができるのです。

RANKING 人気記事ランキング

  1. 新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はどのくらい?
    1
    新築の平屋に住みたい!価格相場や予算はど…
  2. 所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに注意!
    2
    所有権と借地権、同じ土地の権利でも違いに…
  3. 2DKは意外と使える!家具やレイアウトで表情を変えてみよう
    3
    2DKは意外と使える!家具やレイアウトで…
  4. 30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
    4
    30坪の家を広く見せる間取りが知りたい!
  5. ベッド下収納って使いやすいの?メリットとデメリット
    5
    ベッド下収納って使いやすいの?メリットと…

LET’S MAKE A HAPPY HOUSE 幸せ家づくりレシピ

幸せ家づくりレシピTOPへ