間取りを検討する際は、コレをお忘れずに!

今回は、間取りを検討する時に
忘れがちなポイントについて
紹介します。

家を建ててしまってからでは
遅いので、失敗しないためにも
ココを忘れずにしてくださいね。

それは、洗濯物動線です!

 

洗濯は「洗濯、干す、収納」の
3ステップがあります。

この3ステップがスムーズに
つながるようにするのが
ポイントです。

洗濯機は1階、干し場所は2階、
収納場所は1階、なんて間取りにすると、
洗濯物を運ぶのがとても大変です!

出来れば、移動距離を短くして
毎日の洗濯を楽にしたいですよね。

今回は、実際に建てられた方が
どんな間取りにして、洗濯を楽にしているのか
例をご紹介致します。

K様邸 1階パターン

干場と洗濯機をどちらも1階にすることで
階段の上り降りをしなくてもよい工夫を
されている間取りです。
干し場所がリビングのそばなので、
急に雨が降ってきても
すぐに取り込むことができますね。

A様邸 2階パターン

洗濯機を2階に置くことで、
洗濯機と干場への距離が
グッと短くなっています。

お子様がいらっしゃる家庭で、
干す前の濡れている洗濯物を運ぶのは、
かなり重労働です。
これだけ移動距離が短いと
毎日が大分楽になりそうですね。

間取りを決める際には
洗濯動線を忘れずにご検討ください。

 

ユニバーサルホームでは、
家の中のゴミをまとめる、
洗濯カゴにタオルをまとめていれる
など、小さな家事だけれど
積み重ねると大きな負担になっている
「名前のない家事」を解決したい!
と、より良い導線作りを
アドバイスさせていただいています。

ユニバーサルホームオススメの家事動線を
紹介していますので、

詳しくは以下をご覧ください。

https://www.universalhome.co.jp/lifestyle/housekeeping/