安い土地には理由がある!?市街化調整区域とは?

土地情報を探していると周りよりも
安い土地を見かけることがあります。

その時は、掘り出し物を見つけた!と
ならないように気をつけてください。
よく見ると市街化調整区域に
設定されているかもしれません。

今回は市街化調整区域についてご紹介します。

 

市街化調整区域とは?

簡単に言うと「家を建てられない区域」
ということです。
しかし、状況によっては役所に
建築許可の申請を提出して、
許可がおりれば建てることのできる区域です。

 

市街化調整区域のメリット

市街化調整区域は、基本的に
土地の安い場所が多いです。
申請などの手間と費用に20〜40万円かかりますが、
その費用を含んだとしても他よりも安い
というメリットがあります。

土地が安ければ、より広い土地の購入ができたり、
家に予算をかけたりすることができますよね。

また、畑や田んぼなどの自然の多い土地が
指定されやすいので、
自然豊かな静かな環境を求めている人は
良いかもしれません。

市街化調整区域のデメリット①

建築許可がとれて家を建てられたとしても、
その後のリフォームや建て替えにも
許可申請が必要です。
そのため、手続きや申請費用が
再度必要になります。
また、売却する際は買い主が手続きなどを
しなくてはならないため、
手間がかかるといった理由で
いざ売りたい時に売りづらい可能性もあります。

 

市街化調整区域のデメリット②

建築許可申請をしても許可がおりない
可能性もあります。
そのため、市街化調整区域だった場合は、
まずは許可がおりるかをご確認ください。

 

 

「購入してから建てられない!」
となるのが最も危険ですよね。
安い土地には理由があります。
土地の条件などもちゃんと伝えてくれる
信頼できる会社から購入してくださいね。