注文住宅の面白さ その②

皆さん、こんにちは。今回は、前回の続きです。私の考える注文住宅の面白さ第二弾。今回は優先順位についてお話いたします。

夢のマイホーム。皆さんも憧れがたくさんあると思います。例えば、

・ガレージ付きの家が欲しい(リビングから車を眺めたい)

・アイランドキッチンが欲しい

・ピアノ室が欲しい

・20帖以上のLDKが欲しい

・平屋が欲しい

・家事室が欲しい

・趣味部屋が欲しい

・バイクガレージが欲しい

・結露がなく冬温かい家がいい

・書斎が欲しい       …

などたくさん要望があるかと思います。すべての要望を叶えるためには、すごい金額がかかってしまいます。お金は大事。人生で住宅購入は大きな買い物です。住宅購入後の人生設計もしっかり考えなければなりません。予算あってのマイホーム。

そこで、大切なのは、優先順位を明確につけておくことです。そこで予算と相談しながら、下位の要望はバッサリあきらめることが重要です。

 

例えば、

 

ご主人の要望

・広いリビングが欲しい、・書斎が欲しい、・結露がなく冬温かい家がいい

奥様の要望

・おしゃれなキッチンがいい、・家事室が欲しい、・ピアノ室が欲しい

 

上記の内容がお二人の要望としましたら、優先順位を付けます。

ご主人:1位・広いリビング、2位・結露がない家、3位・書斎

奥様 :1位・おしゃれなキッチン、2位・家事室、3位・ピアノ室

その後、ご夫婦で話し合い全体での優先順位を決めます。

1位・広いリビング、2位・結露がない家、3位おしゃれなキッチン、4位・家事室、5位・ピアノ室、6位書斎

その後、予算と相談しながら、下位の要望をあきらめていけばいいんです。家づくりとは、絶対叶えたいものは何なのかを明確にするのが大切になります。

2月末に内覧会を開催するお宅も、優先順位を明確にしていただき、図面の打ち合わせを行っていきました。奥様の要望で優先順位が上位だったのがL型キッチンです。

L型キッチンを実現したまま、他をどう削るか、しっかり話し合いました。この作業はとても時間がかかります。ただ楽しい。注文住宅の家づくりは、楽しまなければ意味がありません。

打ち合わせを何度も重ね、間取りの確定までに14回図面を変更し、仕様も実際の建物を見ていただきながら決めていきました。施主様の想いが詰まった家を是非、見にいらして下さい。

 

内覧会の詳細が決まり次第、お知らせいたします。もう少々お持ちください。

次回は、お客様がこだわりたい部分の例を少し紹介いたします。