東京研修

重い雪が降ってきてますね。雪かきはエクササイズだと信じてしてますが、効果はまだ出ていません。

さて今回は先日、東京で研修を受けてきた内容をご紹介したいと思います。ユニバーサルホームがお客様の為に、ユニバーサルホームにしかできない提案が何なのかを学んできましたので、その内容をご報告いたします。

まずは、床暖房+無垢床材について学びました。ユニバーサルホームが提案している無垢床材は、ユニバーサルホームの地熱床システムに合わせて、創線が特別に開発したものになっています。

家の顔はどこなのか?それは間違いなく、”床”です。家の仕様を決める際、必ず床から決めます。床の色に合わせてキッチンの扉の色や室内建具の色も決めていきます。床はその家の中心になるもの。だから大切なのです。ユニバーサルホームが床材にこだわっているのは、幸せな家族を守りたいからです。人は木に触れながら時間を過ごすと、リラックスできるそうです。無垢材は、リラックス効果が得れます。家に帰って来たら家族が笑顔で、リラックスした穏やかな環境の提供をしたいと考えているからです。

次に、”名前のない家事”をいかに減らせるかについて学びました。共働きが増えてきた現代、家事は奥様がするものではなく、家事はみんなで行うもの。そして、奥様の家事の時間を減らして、家族団らんの時間に使っていただきたいと考えています。奥様の1日の家事に費やす時間は、平均で2時間24分という調査結果があります。私たちも間取りの工夫などで家事時間を減らす提案を行いますが、今回は食洗器で家事の短縮を提案することを学びました。

大型の食洗器です。こちらに変更することで、30分短縮できます。食器洗い以外にも、食器拭きや食器棚に戻すという家事があります。その家事をまとめてなくせるのが、この大型食洗器です。詳しくは、私たちのオープンハウスにお越しいただけましたら、お話しさせていただきます。

 

日帰りの研修でしたが、私たちが何をお客様に提案しているのかがはっきりした、すばらしい時間でした。