家づくりのQ&A記事のご紹介(12)

今回は、3月に掲載されたユニバーサルホーム唐津店の
家づくりに役立つQ&A記事をご紹介します。

3月は3件の新しい記事が掲載されています。

それではさっそくご紹介します。

*************************************************************

Q.新築する場合、天気が悪いときに洗濯物を干す場所はどこがいいですか?

新築する家の間取りを考えるとき、
リビングや子供部屋の広さなど居住スペースについてはよく気にされることと思います。

それに比べると、
家事スペースについては後回しになりがちではないでしょうか。

しかし、家事スペース、とくに洗濯物を干す場所については、
実はけっこうお悩みの方は多いものです。

たとえば、
2階のバルコニーは、屋根が半分だけかかっていますが
雨の日は濡れやすいので干せないですよね。

でも室内に干せば臭いが気になり、
邪魔にもなります・・・

続きはこちらから↓↓↓
Q.新築する場合、天気が悪いときに洗濯物を干す場所はどこがいいですか?

****************************************************************

Q.樹脂窓で”健康な家”が実現すると聞いたのですが本当ですか?

家の中の「寒さ」が、健康に大きな影響を与えることはご存知ですか?

まず、家の中の室内の温度が健康にどう関係するのかをご紹介します。

部屋が寒いと不健康・・・・

一般的には人は18℃より温度が下がると
寒さを感じ始めます。

英国建築研究所の評価システムによれば、
16℃以下が健康リスクのある室温です。

家の寒さは、
血圧の上昇、肺の抵抗力弱体化、
血液の濃化などを引き起こす危険性があります。

部屋が暖かいと健康・・・・

同じく、英国建築研究所によれば、
健康的な室温は21℃で18℃までは許容できる室温だそうです。

日本でこの室温を保てる健康的な住宅は決して多くはありません。

では、夏に部屋が暑くなったり、冬に部屋が寒くなったりする原因は何かというと、
壁や屋根、窓から熱が出入りしているからなんです。

なかでも窓は、熱の出入りが一番多い場所です。

日本中に広く普及している複層ガラスや単板ガラスのアルミ窓は、
熱を伝えやすい為、夏は暑く、冬は寒い環境をつくってしまいます。

寒い冬の時期暖房の効いたリビングと、
暖房の無い浴室や洗面所、トイレなどとの大きな温度差は、血圧に影響を与えます。

高齢者であれば命にも関わる危険な状態・・・

続きはこちらから↓↓↓
Q.樹脂窓で”健康な家”が実現すると聞いたのですが本当ですか?

***********************************************************************

Q.新築するときに失敗しない玄関収納の作り方を教えてください

注文住宅の間取りを考える上で、
ご要望の上位にあげられるのが「収納の充実」です。

今の環境より収納力を増やしたい!
すっきりと片付いた家にしたい!
収納に困る事が無いようにしたい!

など、収納に対しての悩みを持たれている方は多いかと思います。

そこで今回は、「収納」スペースを考える際に、
失敗しないためのポイントをご紹介します。

1. 収納が苦にならないために移動ロスを軽減

家の中で生活する上での、家族の動きをイメージしましょう。

例えば動線から離れた位置に収納を配置すると、・・・

続きはこちらから↓↓↓
Q.新築するときに失敗しない玄関収納の作り方を教えてください

***********************************************************************

いかがでしたか?
これからも、みなさんのお役に立つ記事を
ご紹介していきますのでお楽しみに!!