子育て Kiduki
子どもたちがのびのび育つ家とは?

家は幼少期の子どもたちにとって、毎日のほとんどを過ごす場所。
安全面とともに、育ち盛りの子どもたちがいろいろなことを吸収する場としての役割も気になります。
また、これから思春期を迎える子供にとっての家の在り方も。
家事に育児に奔走するママを笑顔にする効率性も、重要なポイントです。

学びのかべ

遊びながら“学ぶ”子供たちのために

子どもは体を動かすのが仕事。頭を使って手足を動かすことは、子どもの脳の発達にとても良い効果があると言われています。たとえば、部屋の一角を黒板にしてお絵かきスペースにしてみたり、人気のボルダリングでかべにのぼってみたり。子供たちの成長にもつながる、自由な発想の家づくりを。

つながる間取り

家族のふれあいを生む“間取り”

人は、自然と居心地のいい場所に集まるもの。家族が仲良く暮らせるよう、ダイニングキッチンとみんなが寛げるリビングを家の中心に据えた「DKリビング」は、ファミリー層に人気です。それぞれの時間を充実させながら、家族の心がつながる間取りです。

ただいま動線

自然と“つながり”を育む動線

子どもは体を動かすのが仕事。頭を使って手足を動かすことは、子どもの脳の発達にとても良い効果があると言われています。たとえば、部屋の一角を黒板にしてお絵かきスペースにしてみたり、人気のボルダリングでかべにのぼってみたり。子供たちの成長にもつながる、自由な発想の家づくりを。

心地よい空間

空間がきちんと整理された
“居心地”の良さを

「造形心理」とは、形そのものが人に与える影響を探って、その心地良さを高めていくことです。これを家づくりにも活かすことで、視覚的にも美しく、より快適な居心地の良い空間が完成します。毎日を過ごす空間だからこそ、シンプルイズベストに。

ママコーナー

キッチン横にママコーナーなど
“家事”がはかどる工夫

ママの笑顔は子どもを幸せにし、家族みんなを笑顔にするもの。家事に育児に忙しいママのために、少しでも効率的に動ける工夫が家づくりには欠かせません。キッチンの脇に、ちょっとした「ママコーナー」を設けることで、メモを貼ったり、アイロンがけをしたりと便利なスペースです。

子育てにやさしい住まい
(ミキハウス子育て総研認定プラン)

ミキハウス子育て総研は、明るく元気な日本の子育てを目指し、ミキハウスをはじめとする数社の賛同を得て設立された、子育て支援のプロフェッショナル企業。全国のミキハウスショップや小児科で配布しているフリーマガジン「HAPPY-NOTE」や、子育て応援サイト「ハッピーノートドットコム」などを通じて、子育てをがんばるママの声を集めています。ここで集めたママたちの声と住宅専門家、マーケティングチームとともに「子育て」という視点から住まいを考えて、今までにないソフト面の評価基準として完成したのが、「子育てにやさしい住まい」認定事業です。

ミキハウス子育て総研認定プラン
K-53SB-M