坂戸店

ALC 旭化成 へーベル パワーボード 外壁

 ユニバーサルホーム仕様には主に二つの標準装備がございます。

ひとつが床暖房、ひとつがALCです。

 

 

ALCとは、旭化成が開発した外壁の事です。

暑さが3.7㎜もあるので、頑丈な鎧で家全体を覆うことに

なります。

 

 

メリット

メリットとして、高度な耐火性能があります。

耐火実験では、火が壁を貫通するまで10時間もかかりました。

普通、もらい火火の粉が吹いて外壁に付いてしまうと、

あっという間に全焼してしまいますが、ALCのお家は焦げた外壁

を変えるだけで済みます。

また、空気を含むのでとても軽く、高層ビルに適している為、

スカイツリー東京都庁などに使われています。

 

 

また、遮音性が高いので

上野駅新幹線地下ホームにも使われています。

比較的交通量の多い騒々しい街頭が約70dB

それにALCを挟むと、

図書館・静かな住宅街の約40dBまで遮音出来ます。

ALCに含まれる気泡が音を吸収するので

大分静かになります。

 

 

メンテナンスも、特殊な塗料を塗るので

20年に一度で済みます。

また、気泡が入っている為軽量なので、

家のに負担をかけません。

もちろん断熱効果が高いので、冬暖かく夏涼しく

快適に過ごす事が出来ます。

 

デメリット

やはりお値段が高いこと。

しかし、初期費用は高いですがメンテナンスが少なく済むので、

ローン返済35年後には逆にコスト回収して安くなります。

 

 

お金があればやった方がいいに越したことはありませんが、

現実的にはそうも行きませんよね。

絶対はございませんので、お客様一人一人にあった

選び方をして頂ければと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました

埼玉×旭化成×新築×ALC