坂戸店

電気代 床暖房 メリット デメリット

 

 

前回、ユニバーサルホームの床暖房についてご説明させて

頂きましたが、今回はメリット、デメリットをご紹介させて

頂きたいと思います。

 

デメリット

床暖房のコンクリートは熱しやすく冷めにくいので、

暑さがなかなか冷めません。

暑がりの方は1日4時間しか付けない等、

時間を短くするか設定温度を低くするか、調整が必要です。

 

また、基礎のコンクリートにフローリングを直貼り

しているので、床が少し固めです。

クッション付きフローリングを使用しておりますが、

それが逆にふわふわした踏み心地なので嫌だという

お客様もいらっしゃいます。

 

メリット

基礎をコンクリートで埋めているので重心が下にかかり、

地震の揺れに強いです。

エアコンの暖房とは違い、風が吹かないので乾燥しません。

も立ちません。

暖房費月5~6千円で済むので経済的です。

最高温度50℃設定ですが、35℃~45℃で十分だと

思います。

弊社モデルハウスも35℃~45℃で稼働しております。

もちろん、オール電化にせず、ガスと併用も出来ます。

床暖は電気だけどキッチンコンロはガスの方もいます。

中華鍋を使いたい方はガスにされる事が多いです。

 

 

弊社はお客様の好み、必要に応じて様々に選べます。

絶対にこれを入れないといけないというのはございませんので、

必要な所に必要な分だけ、賢くお金をかける

ことをお勧め致します。

 

最後までご覧頂きありがとうございました

埼玉×注文住宅×床暖房×新築