S様邸 木造軸組工法の特徴【ユニバーサルホーム春日部店】

こんにちは。
ユニバーサルホーム春日部店です。
いつもブログを見て頂きまして、ありがとうございます。

本日は、木造軸組工法の木の持つ様々な特性を生かし、
最新の技術を取り入れた高耐久な木造軸組工法をご紹介します。
木造軸組工法は在来工法とも呼ばれ、
古くから採用されている工法。
日本の住宅では最も多く建てられる建築工法になります。
建物は柱と梁で形作るのですが、
地震などの外力から耐える為に
筋交いを入れて補強します。
また、木造軸組工法は設計の自由度が高く
間取りを変えたり、
増築したりすることも対応できます。
大工さん、職人さんの技術、現場監督の技量、
設計者の監理等の人手をかけて建物が出来上がるのです。
柱・梁・筋交いなどや、金物1つ1つが図面通りであるか、
接合金物なども確認していきます。
柱・梁・筋交いなどの構造材の接合部には
必ず構造金物を取付ける必要があるのです。

今回は、工事中の画像をお楽しみください。
ホールダウン金具は、地震力によって柱が引き抜かれることを
防ぐことができます。

 

JAS(日本農林規格)等に適合した品質の材料を使用しています。

2階天井部分の四隅に斜めに取り付けられている梁が、
火打梁です。建物を補強する重要な役割を持ちます。

 

 
2階床組み胴差・床梁の画像。天井を張ってしまうと見ることができません。

 
床梁りは太く、胴差と金物ボルトを使って補強します。

 
屋根葺き材はスレートと呼ばれる薄い定型の板です。軽いため、耐震上は有利になります。

 

ユニバーサルホーム春日部店の建築中の構造の一部の説明でしたがいかがでしょうか。
ユニバーサルホーム春日部展示場へ、是非ご家族でお気軽にお越し下さい。

ユニバーサルホーム 春日部展示場

ユニバーサルホーム春日部 で検索 YouTubeでも 検索

ユニバーサルホーム春日部店

(株)ダイワハウジング

〒344-0065 埼玉県春日部市谷原3-16-31

TEL:048-711-1171 お気軽にご連絡ください♪

(※毎週火曜日・水曜日は定休日となっております)