DESIGN エネルギーを抑えて
暮らせる住宅設計

家計にやさしい
暮らしを実現します

光と風をコントロールする住まい

地球にやさしい住まいのためには、建築手法やプランニングの工夫で地球環境への不可を減らすことも大切です。そのためには、“光”と“風”を上手にコントロールするのがポイント。「ソラ・イロ ZEH」には、 “光”と“風”をコントロールするさまざまな工夫とこだわりがつまっています。

屋根のかけ方で
より大きなパネルを設置

建物の南向きの屋根には大きな片流れ屋根を採用し大容量の太陽光パネルを設置。存分に太陽の恵みを受けることができます。

家の中に
風が通る道をつくる

窓の大きさのバランスによる気圧差や、窓の設置高さと空気の温度差を利用した風の通り道で建物内の空気を循環させます。

部屋の中にも
風が通る道をつくる

各部屋は2方向に窓を設けることを基本にし、部屋の中でも風が通るように配慮します。各部屋でもさわやかに風が通ります。

日差しを取り込む・
遮る工夫をする

建物の南向きの屋根には大きな片流れ屋根を採用し大容量の太陽光パネルを設置。存分に太陽の恵みを受けることができます。

夏の日差しに
負けない家をつくる

夏の暑い陽射しの影響を受けやすい東側や西側の窓は、なるべく小さくとるように配慮。住まいの温熱環境にも配慮しているデザインです。