COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。「人と地球にやさしい家づくりで、低炭素社会へ」
環境省では現在、低炭素社会づくりに向けたキャンペーン「Fun to Share」を展開しています。「COOL CHOICE」は、その活動のひとつとして、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に役立つあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。
ユニバーサルホームグループとしても「Fun to Share」に賛同し、人と地球にやさしい家づくりで、低炭素社会を目指します。

ユニバーサルホームの「地熱床システム」で人と地球にやさしい暮らしを

自然で快適な住宅。安心で安全な住宅。そして、家計にやさしい住宅。
こうした住宅を通じて、私たちユニバーサルホームは、
「人と地球にやさしい暮らし」を提供したいと願っています。

ユニバーサルホームは「地熱」という自然のエネルギーを使ったテクノロジーで、
安全性・耐久性・快適性・省エネ性、すべてを兼ね備えた住まいを実現しました。
地震や水害にも耐える強さと、夏涼しくて冬暖かい心地よさで、
あなたの理想の暮らしを守っていきます。

夏は涼しく、冬は暖かい。天然の冷暖房で省エネ

「地熱床システム」の床下温度は、真夏で約25°C、真冬で約15°Cとなり、
外気温と比べて「夏は涼しく、冬は暖かい」という特長があります。
この自然エネルギーを無駄なく住空間に伝えることで、住まいは
天然の冷暖房効果を持ち、一年中快適な暮らしが実現できるのです。
冷暖房の費用が最も高くなるのは、設定温度と室温の温度差が激しい時です。

例えば室温が5°Cの部屋を26°Cまで温める場合、21°C上げるためのエネルギーが必要になります。しかし、地熱床システムによって調節された室温が15°Cの場合、温めるエネルギーは11°C分で済むため省エネで、冷暖房費が軽減できるのです。