蓄熱式床暖房のメリット・デメリット!採用する価値は?

床暖房の熱を床下に蓄熱して24時間床暖房を実現する、
効率的で快適な蓄熱式床暖房。

蓄熱式の魅力については前回のブログで書かせて頂きましたが、
今回はより詳しくメリット・デメリットを紹介していきます。

 

蓄熱式床暖房のメリット

蓄熱式床暖房の運用は基本的に24時間暖房になるため、部屋の温度が一律で整いやすく、寒暖差が出づらいのが大きなメリットです。

居住スペースの寒暖差が小さいと体への負担が軽減されて風邪を引きにくくもなり、快適さ以上の恩恵を得られます。

また深夜電力を利用する為、通常の床暖房と比較しても光熱費を大きく低減することができるのも大きな魅力です。

さらに蓄熱の仕組み自体はシンプルなため、床暖房その物のメンテナンスを除けば、特別負担が増えることもありません他の暖房器具に比べてメンテナンス費用がかからないのも大きな長所でしょう。

大きなメンテナンスが不要な温水式を選ぶことで、住宅と同等以上の寿命で利用することができます。

快適さ、光熱費、継続的負担。日常生活の全ての面において、蓄熱式床暖房は優秀な性能を誇っています。

 

蓄熱式床暖房のデメリット

実は大きなものではないですが、あえて言うのであれば細かな温度調整が出来ないこと。

蓄熱した熱の放熱を利用しているので、温度のコントロールが出来ません。「ちょっと暑いな・・・」と思った場合は、換気を行うなどで対応しなければなりません。

しかしながら、どちらにせよ冬場でもたまの換気は必要ですし、光熱費を使わずに「暑い」という感想が出ることもまた嬉しい悲鳴ととらえる事ができます。臨機応変な対応で克服できる短所だと言えるでしょう。

最大のデメリットは、新築でないと設置が難しいことです。

床下に蓄熱スペースを設けなければならないため、リフォームでの設置は物理的に不可能な場合も少なくありません。その場合、どうしても設置コストは高くついてしまいます。

総じて、初期投資が必要な床暖房なのです。

ですが、日々の光熱費を小さく抑えられることや、それによって他では得難い快適性と健康的な生活が手に入る事、そして機器のメンテナンスや買い替えが最小限で済むこと。

これらの長所から初期投資を取り戻すことは全く難しいことではありません。

予算に限りがある場合でも、長い目で見てお得である蓄熱式をぜひ検討してみてください。

 

まとめ

蓄熱式床暖房もデメリットが完全にゼロの製品ではありません。しかし、何かと比較してみれば、必ず全てものに良い所と悪い所があります。

そう考えると、地熱床暖房のデメリットに対するメリットは破格の内容だと言えるのではないでしょうか?

 

 

ユニバーサルホームでは温水式の床暖房を
独自構造の密閉基礎に蓄熱する地熱床暖房を標準で採用。
「床暖房を使った方が光熱費が安い」
驚きの住宅を実現します。

最初は誰もが驚く快適性をぜひモデルハウスでご体感ください。

ユニバーサルホーム尾道店
西藤モデルハウスでは
ユニバーサルホームオリジナル
無垢のフローリング(メープル)
を使用しています。

ぜひ一度、ユニバーサルホームにしかできない
床暖房+無垢床をご体感ください♪

西藤モデルハウスについてはコチラ!
見学予約はコチラ!

 

見学予約はコチラ!

 

ご来場をお考えのお客様へ。

皆様に安心してご来場いただけるように、感染防止策を実施しております。

●定期的な室内の換気を行っております。ご協力の程よろしくお願いいたします。
●マスクを着用して、いつもより距離を取って接客をさせて頂いております。お聞き苦しい事があるかもしれませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
●ご来場時に手の除菌をお願いしております。もちろん手の触れる所は除菌をしております!
●お客様のご来場時間が重ならないようにご来場時間のご調整をお願いする場合がございます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
●お子様の遊び道具をかくしてしまってます。必要であれば除菌をしてお出ししますのでお申し付け下さい!