「水害」に強い基礎『地熱床システム』

 

 

今日は建物を支える「基礎」のお話…

 

ユニバーサルホームの基礎

『地熱床システム』は

こんな基礎↓

ちなみに従来の基礎はこちら↓

従来の基礎と比べて、

がっしりした見た目。

ユニバーサルホームの基礎『地熱床システム』は下から土→砂利→コンクリートの層で完全密封の基礎となっております。

この基礎、床下がない基礎だから「水害に強い」という特徴があるのです。

通常の木造住宅は、床下の湿気を防ぐために通気口や床下を設けますが、ユニバーサルホーム基礎『地熱床システム』は、その床下を土・砂利・コンクリートで密閉しています。

そのため、大きな被害につながる床下浸水が物理的に発生しない構造なのです。

 

↑床下の通気スペースから雨水が侵入。その際、土砂や廃棄物なども流れ込むため、大規模な修繕が必要となる場合も……。

 

 

 

↑床下が密閉構造のため、雨水やその他の侵入も避けられるのです。