地熱床システム

地球が冷暖房してくれる家地熱床システム 自然の力を活かした家だから、地球にも、人にも、家計にも優しい。

※1 2002年の全国リリース以降の棟数。 ※2 地熱床システムの特許は(株)八洲が取得しております。

地熱床システム(03:32) 動画を再生

「地熱」ってなに?

自然の力を活かした家だから、地球にも、人にも、家計にも優しい。

ユニバーサルホームの住宅は、太陽光や風力と並ぶクリーンで無限の自然エネルギー、地熱を利用しています。夏ひんやり冷たく、冬ほんのり暖かい地熱。それは「地球に降り注ぐ太陽の恵み」と「熱を蓄える大地の恵み」を活用して快適に暮らせるように工夫した家です。

地球に降り注ぐ太陽の恵み

地球の表面には膨大な太陽の熱が降り注いでいます。このエネルギーは地表のみではなく地下深くまでまんべんなくじっくりと伝わり、大地全体を暖めています。

夏の日射熱で暖められた大地の熱は、約半年かけて地中深くに伝わっていき、冬になってようやく地下約5mまで達します。そのため地下の温度は夏よりも冬の方が暖かいのです。

「地熱床システム」ってどんな技術?

強度・精度に優れ、高い快適性を備えた基礎工法。

地熱床システムは地面と床下に砂利を敷き詰め密閉し、その上をコンクリートで仕上げた工法です。どっしりと構えた丈夫な基礎は、外部からの圧力や振動、騒音などを吸収・分散するクッションのような役目を果たします。自然エネルギーを活用しながら、万がーの災害から家族を守る、進化した基礎工法なのです。

地熱床システムの基礎工法

驚異のテクノロジーだから、夏は涼しく、冬は暖かい!

地熱床システムの技術をさらに詳しく、分かりやすく、動画で解説しています。

地熱床システムとは01「快適性」(02:35) 動画を再生

見て納得

高い満足度の理由 1

大満足の「快適性」

夏は涼しく、冬は暖かい。

地熱を有効活用した自然エネルギーで、抜群の快適生活

地中温度は、水力・風力・太陽光と並ぶ、クリーンで無限の自然エネルギー。その中でも地熱は天候の影響を受けない安定したエネルギーです。これを冷暖房システムに取り入れたのが「地熱床システム」。このシステムの床下は、真冬の15℃から真夏の25℃の範囲を安定して保つため、天然の冷暖房効果をもたらし、一年を通して快適な室内環境になります。
また、地熱床システムは冬場でも15℃を保つこの床下温度を利用するため、省エネルギーで地球にやさしく、冷暖房費が軽減できます。

地熱床システムの基礎工法

地熱床システム+床暖房でエコな暮らしが実現。

家全体を包み込む穏やかな温かさ

ユニバーサルホームでは「地熱床システム」に「地熱床暖房(1階全面床暖房)をプラス。地熱床暖房なら廊下や洗面所までもポカポカ暖かいので、寒い冬でも快適です。

地熱床暖房(1階全面床暖房)について詳しくはこちら

地熱床暖房で循環する温水の熱を蓄えるので、ランニングコストを抑えながら1階全面を暖めることができるのです。石油やガスを使用する暖房と異なり、CO2(二酸化炭素)やCO(一酸化炭素)を排出しないため、健康にも環境にもやさしい住まいです。

地熱床システムだから、1階全面ぽっかぽか

地熱床システムの地熱床暖房をさらに詳しく、分かりやすく、動画で解説しています。

地熱床システムとは02「地熱床暖房」(02:32) 動画を再生

見て納得

高い満足度の理由 2

頑強な基礎だから「災害に強い」

地震に強い耐震構造

線路に敷き詰められた砂利と同じように、大型車両などによる外部からの振動を吸収・分散する特許工法の基礎です。砂利は地面とほぼ一体化し、外部からの圧力も砂利間で吸収・分散するため、地盤にかかる負担を大幅に軽減し、万が一の災害から暮らしを守ります。

敷き詰められた砂利が振動を分散・吸収

高品質高精度の鉄骨

振動に効果あり!砂利の役割

地熱床システムの砂利層も線路と同じ原理。石が次の石に振動を分散して伝えるのです。また、隣り合う石と振動をやりとりしたときに、その振動を消しあう効果をもたらします。これがコンクリートだけであれば振動や衝撃をまともに受けてしまいます。地熱床システムの砂利層は振動を吸収して緩衝材の役割を果たしてくれるのです。

揺れを吸収する制震効果

地熱床システムの住宅と従来の基礎を持つ住宅に、中小地震を想定した地震波を入力し、解析的に建物の振動を算定しました。地熱床システムの振動(赤い線)は、振幅(振動の大きさ)が従来の基礎(青い線)に比べ小さく、大きな振幅の後に振動が早く収束していることが分かります。

地熱床システムだから、驚異の耐震性

地熱床システムの耐震性を分かりやすく、動画で解説しています。

地熱床システムとは03「耐震性」(00:52) 動画を再生

見て納得

津波に耐えた「奇跡の床下工法」

【災害に備えるくらし」
津波に耐えた家をご紹介しています。

日本の災害史上最大となった東日本大震災。地震の被害の大きかった仙台周辺において、3m級の津波が襲い住宅のほとんどが全壊した地域に、ほぼ無傷で残ったユニバーサルホームの建物がありました。

奇跡の床下工法『地熱床システム』が津波に強い理由 = 床下がない

床下が空洞になっているため、波が床下に入り込む。そうすることで下からの浮力が生じ、家が持ち上げられ、横からの波で流されてしまう。

地熱床システム(床下工法)は、隙間がないので波が入り込まず、浮力で持ち上げられることがない。

浸水被害による床下浸水がない


地熱床システムは床下空間が無いので浸水がない!

砂利を地面から床下まで敷き詰め、密閉した地熱床システムでは、砂利は地面とほぼ一体化しており、床下の空間がないため、雨水の浸水や土砂・廃棄物の流れ込みを防止。一般的な基礎よりも改修費用が大幅に軽減され、お客様の負担を最小限に抑えます。

『地熱床システム』が豪雨・洪水に強い理由 = 床下がない

一般住宅

地熱床システム

高い満足度の理由 3

世代を超えて受継ぐ「高い耐久性」

床下の湿気を完全に遮断

地熱床システムの床下はコンクリートで覆われた完全密封構造なので、外部からの湿気を完全に遮断し、湿気やシロアリの被害を受けにくく、お住まいの長寿命化にも貢献します。また床全体に地中温度が直接伝わり、室内は適度な湿度・温度を保つため、押入れや家具の裏側のカビの発生も防止します。

従来基礎

空気は温度の低いところへ流れるので、通気孔から床下へ流れ込み、床下の冷たい空気に触れ、結露が起こります。

地熱床システム

完全密封構造の為外部からの湿気も完全遮断

地熱床システムは、床下がコンクリートに覆いつくされ、さらに床下に湿気をためこまないので、シロアリの生息条件に適さないのです。

地熱床システムだから、家がずっと元気です

地熱床システムの耐久性をさらに詳しく、分かりやすく、動画で解説しています。

地熱床システムとは04「耐久性」(00:58) 動画を再生

見て納得

床暖房を使ってみて

採用者の満足度が高い床暖房

床暖房の快適さは確実に広まり、住居用の床暖房の設置面積はここ10年の間に大幅に増加しました。また、不動産経済研究所の調べによると分譲マンションでは2001年にはすでに採用率は78%と高いシェアになっています。温水式床暖房を取り扱っている大手都市ガス会社のユーザー調査では、「床暖房にして良かった」と満足している人が90%以上、また、「友人・知人にすすめたい」という人が80%以上という結果が出ています。

地熱床システムのユーザーの声

ユニバーサルホームの価値はお客様の声が実証してくれます。

地熱を利用した驚異のテクノロジー

ユニバーサルホームの最大の特徴であり、他社ではまねできない最高の価値。それが地熱床システムです。

地熱床システム(03:32) 動画を再生