INTERVIEW 栗林 優 藤枝店 ハウスアドバイザー(2016年入社)

“この会社でも”ではなく、“この会社なら”!

戸建て注文住宅の営業・販売

当社モデルハウスにお越しいただいたお客様へのヒアリング・ご案内・ご提案をさせて頂き、お客様に当社の住宅を気に入っていただけるよう日々奮闘しています。
なかなか踏み込むのに勇気がいる時もありますが、お客様に直接お話をお聞き出来た時は正直な感想をいただける為、今後どうお客様と接し、どのような点で注意すればよいかを学習できます。何事も初めの一歩は躊躇いがありますが、ひとつひとつを乗り越えることで自身も成長していると感じられます。

「ひとりの営業社員として、同等に接してくれた」

入社して間もなく、お客様のモデル案内をさせて頂く機会に恵まれました。しかしながら当然あまり話せず、次回のアポイントも頂けませんでしたが、事務所に戻ると先輩社員に励まされ、もう戦力だという言葉まで頂きました。その後は、毎日モデル案内の練習や新しい知識の習得に時間を費やしました。
そして入社して4か月後、ついに初契約を頂きました。私の力ではなく、ほとんど先輩社員に頼りきりでしたが、私自身も「出来る事」が増え、また新入社員だから特別に接するのではなく、ひとりの営業社員としてお客様が私に接して下さったことが何よりも嬉しかったです。

“この会社でも”ではなく、“この会社なら”!

大学では「デザイン」全般を専攻していましたが、ユニバーサルデザイン・バリアフリーなどといった、多くの方の助けとなれるデザインを主に勉強していました。そう考えるきっかけとなったのが震災です。私は茨城県出身であり、小規模ですが被災を経験しました。自身のやりたい事・成したい事が出来、人の助けにもなれるような事がしたいと震災を経験した高校2年生の時に思い始め、その当時の考え方は現在まで変わることはありません。自分が何をしたいのかを明確に決めていたからこそ、ユニバーサルホームに出会うことが出来ました。「この会社なら」と思えたのが、ユニバーサルホームを選んだ決め手です。「この会社でも」で就職活動中に挑んだ企業は全て良い結果には纏まりませんでした。

入社してみて、実際のところユニバーサルホームはどうでしたか?

実家から離れた静岡県で働くことになり始めは不安でいっぱいでしたが、先輩社員の皆さんも同じように地方出身の方が多く先ずそこに安心しました。 配属先の店舗や、静岡の他店舗の方々も皆優しく、個性に溢れていて、休日も先輩社員がよく誘ってくださるのでメリハリがつき、働くのが苦にならずこんなにも楽しいのかと思うほどアットホームな環境で日々充実しながら仕事をしています。

就職活動アドバイス!

私は自身がやりたい事だけを想像し、就職活動をしていた時期がありました。ですが選考は進むものの中々決まらず、疲労の蓄積で身体を壊しました。しかし、その期間こそが再び考えさせられる整理時間を与えてくれました。
将来どのような自分になっていたいかを想像すること。
就職活動は休息も必要だということ。これは今の私にも重要な事です。身体を壊しては意味がない、もう少しやり方を変えれば時間も上手く使え、身体にも負担なく出来るのではないのかと。一生懸命やることは大切ですが、その間の休息・整理する時間は重要な事だと身を以ってアドバイスしたいです。休息・整理の時間に趣味が出来れば、気づく点も増えますし、話す内容も増えると思いますよ。無理せず頑張ってください。

<<こんな人と一緒に働きたい!>>
相手の事を想いやれる方と一緒に働きたいです!

先輩インタビュー