金利優遇除外???

 

 

 

こんにちは設計の吉田です

 

先日こんな記事が掲載されていました

 

土砂災害特別警戒区域に指定されている土地に住宅を建てる場合には

 

住宅ローンの一つフラット35の金利優遇制度の対象から除外することになるようです

 

2021年度中には決定しそうです

 

 

 

土砂災害区域の指定には土砂災害警戒区域 いわゆるイエローゾーンと

 

土砂災害特別警戒区域 レッドゾーンとがあります

 

 

 

 

 

 

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)は土砂災害のおそれがある区域

 

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)はイエローゾーンの中で災害発生時に建物に損壊が生じ

 

住民に生命の危険が生じるおそれがある区域

 

となっています

 

 

 

広島県はイエローレッド含めて日本一土砂災害の警戒区域が多いところといわれていますよね

 

今回この発表はそのレッドゾーンに指定された区域が対象です

 

そもそもこのレッドゾーンの土地では普通の木造住宅を建ててはいけません

 

(土砂災害の対策が講じられている場合には木造でも建築可能です)

 

 

 

聞かされてみると確かにこの制度これまで優遇があったことが不思議ですね

 

建築を抑制しないといけない土地なのに優遇するって何か矛盾してますね

 

でも今住んでいる方の建て替えでしっかり災害対策が講じられているのなら優遇があってもいいような・・・

 

これからその当たりも整備していくのでしょうね

 

 

 

 

 

 

COVID-19に負けるな!